演劇

うさぎと猫の芝居小屋Vol.2

カメリアバージョン

演劇

うさぎと猫の芝居小屋Vol.2

真夜中の太陽

カメリアバージョン

うさぎと猫の芝居小屋

カメリアホール(東京都)

2011/08/20 (土) ~ 2011/08/21 (日) 公演終了

上演時間:

第二次世界大戦の最中、ある地方のミッション系の女学生たちは、学徒動員の奉仕作業に従事していた。彼女たちの夢は、強制送還されたかもしれない英語教師のマービンに、いつの日か自分たちの唄をまた聞かせること。ある日、合唱曲「真夜中の太陽」の練習をしていると、襲撃が始まり、皆は防空壕へ。初子だけが音楽室...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/20 (土) ~ 2011/08/21 (日)
劇場 カメリアホール
出演 ジェイソン・ハンコック、山藤貴子(PM/飛ぶ教室)、江幡朋子、小川ひかる、恩田あい、加藤充華、神岡磨奈、澤山佳小里(テアトル・エコー)、中村まい(ASSH)、中村真沙海、加藤道子(燐光群)
脚本 原案・音楽:谷山浩子、作:工藤千夏
演出 工藤千夏(青年団演出部)
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】2011/05/10
サイト

http://www.kcf.or.jp/kameido/concert_detail_010500300137.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 第二次世界大戦の最中、ある地方のミッション系の女学生たちは、学徒動員の奉仕作業に従事していた。彼女たちの夢は、強制送還されたかもしれない英語教師のマービンに、いつの日か自分たちの唄をまた聞かせること。ある日、合唱曲「真夜中の太陽」の練習をしていると、襲撃が始まり、皆は防空壕へ。初子だけが音楽室に取り残された……。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:空閑秀樹(スペース・ゼロ)
照明:吉倉栄一(スペース・ラボ)
音響:藤平美保子(T.E.S)
衣裳:渡辺まり
制作:黒川明子(エピキュラス)

[情報提供] 2011/06/21 19:17 by うさぎ

[最終更新] 2011/08/21 23:30 by うさぎ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー9

まなて

まなて(0)

再々演という有り難く嬉しい公演ですが、また違った新しい...

はち

はち(0)

新たに気を引き締めて、あの時の純粋さを呼び戻します。不...

eva

eva(0)

2009年、ラフカットから生まれた「うさぎと猫の芝居小...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大