歌舞伎・伝統芸能

rakugoオルタナティブvol.3柳家喬太郎×千葉雅子

歌舞伎・伝統芸能

rakugoオルタナティブvol.3柳家喬太郎×千葉雅子

キョンちば

ぴあ

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2011/07/08 (金) ~ 2011/07/08 (金) 公演終了

上演時間:

ぴあ株式会社は、筋金入りの落語ファンから、今までナマの落語に接触したことはなかったビギナーまで、落語に少しでも関心をお持ちの方ならどなたでも楽しんでいただける、型にとらわれない落語会のかたちを追及します。

今回は、その「rakugoオルタナティブ」シリーズの第3弾企画です。当代随一の人気...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/08 (金) ~ 2011/07/08 (金)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 柳家喬太郎、千葉雅子
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
全席指定 3,500円(税込)
サイト

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1119498

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ぴあ株式会社は、筋金入りの落語ファンから、今までナマの落語に接触したことはなかったビギナーまで、落語に少しでも関心をお持ちの方ならどなたでも楽しんでいただける、型にとらわれない落語会のかたちを追及します。

今回は、その「rakugoオルタナティブ」シリーズの第3弾企画です。当代随一の人気落語家・柳家喬太郎と、劇作家・女優の千葉雅子による、ジャンルの壁を乗り越えた落語二人会です。タイトルは、柳家喬太郎の愛称「キョンキョン」と、千葉雅子の「ちば」を合わせて、「キョンちば」。 このふたりの落語会は、千葉雅子が、昨年、その落語愛を柳家喬太郎にぶつけたことから一気に具体化します。柳家喬太郎の「落語をやるなら何でもお手伝いしますよ」のひと言で、扉は開かれました。劇作家が新作落語を提供し、落語家が古典落語の稽古をつける。まさにギブ&テイクの二人会の誕生です。千葉雅子演じる、柳家喬太郎直伝の古典落語「転宅」、そして、千葉雅子がこの日のために書き下ろした新作落語を柳家喬太郎が熱演する「マイノリ」。さて、どんなステージになるのでしょう。
それからもうひとつ、昼の回と夜の回に、素敵なトークゲストを招きました。
昼の部が、おなじみ劇団☆新感線の高田聖子。夜の部が、HIGHLEG JESUS永久総代の河原雅彦。ともに、千葉雅子と柳家喬太郎を、深く知る演劇人です。
落語と演劇、男と女。こんな組合せの落語会が、今までにあったでしょうか。どこにもない、もうひとつの落語のかたち、rakugoオルタナティブvol.3 「キョンちば」にご期待ください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/06/19 22:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/06/19 22:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大