THE CHERRYGIRLS【ご来場ありがとうございました】

明石スタジオ(東京都)

2011/07/29 (金) ~ 2011/07/31 (日) 公演終了

上演時間:

生粋のいじめられっ子がラジオでいじめを告白するというので
いじめていたやつらは震え上がった。
そのころ、サーカスを辞め、この街に流れ着いた男と女は
かつて失ったステージを取り戻そうと、
その身を這い上がることのできない底なし沼へと沈めていく。
そして、気の弱い父親にコーラと名付けられ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/29 (金) ~ 2011/07/31 (日)
劇場 明石スタジオ
出演 オイ茂、ブドウハジケル、辻響平、青木佑希子、川端美郷、川本直人(CLEOアクターズオフィス)、近藤なつみ、鈴木撤収、松田寛子、三品優太朗、美津島ミツオ(DOGWRENCH)、田島義春
脚本 田島義春
演出 田島義春
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,200円
【発売日】2011/06/05
前売 2000円
当日 2200円
サイト

http://www.the-cherrygirls.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 生粋のいじめられっ子がラジオでいじめを告白するというので
いじめていたやつらは震え上がった。
そのころ、サーカスを辞め、この街に流れ着いた男と女は
かつて失ったステージを取り戻そうと、
その身を這い上がることのできない底なし沼へと沈めていく。
そして、気の弱い父親にコーラと名付けられた女は、
叫び出したい気持ちを押し殺し、今日もまたこの街で暮らしていく。
「この世はすべて偶然。だってあの人が、
あんな酷い目に遭わなければいけなかった理由がないもの。」
地方中核都市・追出(おいで)を舞台に描かれる、
『濃密』と『空虚』が同居した人々。
次々に切り採られては滲み、雑ざりあう情景と言葉。
それらが連続して相互に響く世界――ワード・ノット・ラン。
誰にも通じない言葉。
その他注意事項
スタッフ 演出助手/青空ツリー 舞台監督/武田幹也
照明/高野雅子(CAT) 庭田悠甫  音響/富山雅之
舞台美術/mada-ri ユキンコリニスタ・スタローン 吉原杏菜
衣装/長野沙弥佳 都丸奈央子  小道具/坂本南
宣伝美術/太田裕介(Banana×Robo)
宣伝イラスト/花背水雄  写真撮影/神崎千尋
製作/井原裕季子 岡本覚 神林愛  協力/剛田剛太郎
企画・製作/THE CHERRYGIRLS

[情報提供] 2011/06/11 23:42 by 青木佑希子

[最終更新] 2011/08/03 22:09 by 青木佑希子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー6

辻響平

辻響平(0)

役者・俳優

出演しました。

川本ナオト

川本ナオト(0)

出演しました

辻響平

辻響平(0)

役者です。 奇跡的な舞台になる予感がしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大