ミュージカル『卑弥呼』inFukuoka運営委員会

大博多ホール(福岡県)

他劇場あり:

2007/08/25 (土) ~ 2007/08/25 (土) 公演終了

上演時間:

古代邪馬台国の戦乱の時代を背景に
一人の人間として女王卑弥呼をとらえ、
戦争が如何に無意味なものかを問いかける
壮大な古代叙事詩―。


〈作品について〉
オリジナルミュージカル『卑弥呼』は、2005年8月に札幌市こどもの劇場にて初演されました。主題である「争いが如何に無意味であ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/08/25 (土) ~ 2007/08/25 (土)
劇場 大博多ホール
出演 奥山綾子、小林由佳、鈴木順紀、石黒翔、坪田知紗
作曲 太田恵子、中村大輔、みきこうわ
脚本 みきこうわ
演出 みきこうわ、奥山綾子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】
一般¥2,500
大学生以下¥1,500
Lコード【85528】
Pコード【377-485】
サイト

http://www.himiko07fukuoka.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 古代邪馬台国の戦乱の時代を背景に
一人の人間として女王卑弥呼をとらえ、
戦争が如何に無意味なものかを問いかける
壮大な古代叙事詩―。


〈作品について〉
オリジナルミュージカル『卑弥呼』は、2005年8月に札幌市こどもの劇場にて初演されました。主題である「争いが如何に無意味であるか」という社会的メッセージを多くの人々とに伝えると共に、エンターテーメントとしても楽しめる作品を目指します。

〈あらすじ〉
3世紀、女王卑弥呼が治める邪馬台国。超大国の魏国より、邪馬台国を脅かす勅書が送られてくる。そこには、卑弥呼の即時退陣と神器・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)の献上など、邪馬台国への侵攻を企てる魏国の一方的な要求が記されていた。恐怖にかられる民人。しかし卑弥呼は、戦いではなく、人々の想像を遥かに超えた決断を下した…。
現代の世界情勢にも通じる、混迷の時代を背景に、一人の人間として女王卑弥呼をとらえ、戦争が如何に無意味なものかを問いかける壮大な古代叙事詩。

〈『卑弥呼』の主な上演歴〉
2005年8月 札幌公演/札幌市こどもの劇場やまびこ座
2006年8月 小樽公演/小樽市民センター・マリンホール
2006年8月 函館公演/函館金森ホール
2006年9月 札幌公演/札幌芸術の森開園20周年記念事業
2007年3月 名寄公演/名寄市民会館
その他注意事項 福岡公演では、翌26日に出演メンバーらによるワークショップを予定しております。札幌と福岡のミュージカル・演劇シーンをつなぎ、創り手として何かを吸収していただきたく思います。福岡で演劇やミュージカル、ダンス、音楽などに興味のある方、参加をお待ちしています。詳細はもう少しお待ち下さい。
スタッフ 編曲/古田智隆
振り付け/坪田知紗・新田康史郎
舞台美術/藤井あゆみ
照明/小崎さざな
映像/石黒翔
広報/川野まゆみ
マネジメント/八重樫利花
舞台監督/奥山茂

[情報提供] 2007/06/07 17:55 by きんちゃん

[最終更新] 2007/06/16 22:13 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

きんちゃん

きんちゃん(7)

ひょんなことから総合プロデューサーのみきこうわさんと知...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大