演劇

■劇団1980公演

下弦の夏

劇団1980

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2007/06/13 (水) ~ 2007/06/17 (日) 公演終了

上演時間:

慶寿苑—
入所資格。寄辺、身寄りなき七十歳以上の高齢者。戦争の残骸。
便りなし、来訪者なし。本日1名死去。
「五年もすりゃ、日本中から残骸が居らんおとなる」
「いよいよ戦争も終わるのう…」
消え入る蝋燭のようなこの施設に、ぽつりぽつりと記憶の花が開き始めた。
「年寄りには二通りの年...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/06/13 (水) ~ 2007/06/17 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 柴田義之、里村孝雄、山本隆世、海童須美寿、上野裕子
脚本 藤田傳
演出 藤田傳
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
[全席指定]
一般前売3,300円 当日3,500円
学生・シニア2,000円
※学生・シニア(65歳以上)は劇団扱いのみ
サイト

http://gekidan1980.cool.ne.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 慶寿苑—
入所資格。寄辺、身寄りなき七十歳以上の高齢者。戦争の残骸。
便りなし、来訪者なし。本日1名死去。
「五年もすりゃ、日本中から残骸が居らんおとなる」
「いよいよ戦争も終わるのう…」
消え入る蝋燭のようなこの施設に、ぽつりぽつりと記憶の花が開き始めた。
「年寄りには二通りの年寄りが居るのよ。
戦争を面白おかしく話すやつと、暗い奴」
「面白おかしく話す奴は、人を殺したことがねえのよ」
「言い訳は生きている者だけが出来るもんよ」
「言い訳だけで一生暮らす奴も居る」
「睡蓮は夜寝て、昼咲く花じゃ。気紛れで呼んでも目を覚まさん」
誰に語ることなく
60年間“平和”という壁紙の下に封じ込めていた感触が、
鮮明な色彩を帯びた抒情詩となって甦る。
『下弦の夏』—ひとりの軍国少年として
あの時代を体感した劇作家・藤田傳が、
昭和19年の夏を再検討しながら、
日本人の精神の行方を問う“戦争の記憶の物語”。
劇団1980最新作の舞台。
その他注意事項
スタッフ 作・演出 藤田傳

[情報提供] 2007/06/07 15:37 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/06/07 15:38 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大