オペラ

バイエルン国立歌劇場

ナクソス島のアリアドネ

公益財団法人日本舞台芸術振興会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2011/10/05 (水) ~ 2011/10/10 (月) 公演終了

休演日:10/6,7,9

上演時間:

 ウィーンの富豪に、悲劇と喜劇を同時に上演するように命じられた作曲家は、喜劇によって芸術が汚される、と絶望・・・・。演出家ロバート・カーセンはこの作曲家のために、喜劇と悲劇を同時に上演させてやろうと考えました。開幕ベルが鳴る前から、舞台上ではバレエのリハーサルが行われています。これは演出家カー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/05 (水) ~ 2011/10/10 (月)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演
作曲 R.シュトラウス
演出 ロバート・カーセン
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 54,000円
【発売日】2011/04/09
S席-54,000円 A席-47,000円 B席-40,000円 C席-33,000円 D席-26,000円 E席-19,000円 F席12,000円 エコノミー席-10,000円 学生席-7,000円
サイト

http://bayerische.jp/ariadne.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  ウィーンの富豪に、悲劇と喜劇を同時に上演するように命じられた作曲家は、喜劇によって芸術が汚される、と絶望・・・・。演出家ロバート・カーセンはこの作曲家のために、喜劇と悲劇を同時に上演させてやろうと考えました。開幕ベルが鳴る前から、舞台上ではバレエのリハーサルが行われています。これは演出家カーセンの“企み”の一つ。ほかにも、舞台ではないところから歌手が登場したりします。飛び跳ねながら超絶コロラトゥーラを聴かせるツェルビネッタに、目も耳も釘付けになること間違いなしです。

 華のあるアドリエンヌ・ピエチョンカは、プリマ・ドンナ役の申し子のよう。みずみずしい歌声、変貌するアリアドネの表現力もみどころです。バッカス役は、ワーグナー・テノールの諸役で美声テノールと評価の高いロバート・ディーン・スミスが務めます。ツェルビネッタ役は、ウィーン・フォルクスオーパーで活躍し、近年ではヨーロッパ各地で注目を集めているダニエラ・ファリーが、コケティッシュな魅力を発揮します。
その他注意事項 ※未就学児童入場不可
スタッフ 指揮:ケント・ナガノ

[情報提供] 2011/05/28 22:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/28 22:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大