ガリガリ博士の犯罪 公演情報 ガリガリ博士の犯罪」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 2.0
1-2件 / 2件中
  • 満足度★★

    寺山作品をやればいいってもんじゃない
    前作、前々作が素晴らしい出来だったので、期待していったのだが、今回は薄味の舞台だった。

    ドラマがイメージ的に積み上がっていかない。最期まで平板なのである。
    ラスト、主人公が吹雪の中で、キメの長ゼリフを絶叫するのだが、寒々しさを感じた。こういうことは、珍しい。



    万有引力の『鉛筆のフォークロア』でも感じたことだが、昨今の寺山修司ブーム?により、いろいろな劇団で寺山作品を上演している。

    だが、次第にネタがなくなり、小粒な作品に手を出さざるをえなくなっているのが現実ではないのか。これもそんな感じがした。


    寺山修司と言えども、すべての作品が傑作、というわけではない。
    それに当時はやる意味があっても、現在、それを再演するには、それなりの
    意味がなくてはならない。

    他劇団がせんだってやった寺山の『星の王子さま』など、かなりの改変がされていた。

    この劇団に限らす、寺山作品をもっと慎重に上演すべきだろう。

    私としては、『鉛筆のフォークロア』に続いて、がっくりくる寺山演劇であった。

  • 今年一番の
    つまらなさ。

    ネタバレBOX

    あまりにも素に戻る役者が多すぎる。
    台詞もたどたどしいし、自分で何を言っているのか分からないのではないだろうか。
    お客さんにふった後に、口ごもるのらやめておけばいいと思う。

    お笑い芸人さんのネタを下手に使って、笑いもおきなければ、垂れ流していく。
    何がしたいのか、さっぱり分かりません。

    昨日の夜の公演の後に、鞄の中身を片付けていないのでしょう。
    紙吹雪が出てきてしまい、興ざめです。

    気持ちが動いていないのに、振りが決まっているから動く。
    そんなモノを見せていいのでしょうか?

    寺山修司がやりたかった事って、こうでは無いはず。
    外側ばかり真似をして、中身が伴っていない気がします。

    衣装はしわくちゃで、エプロンは黄ばんでいる。
    発声をきちんと出来ている人が少ない。
    あまりにも酷くないですか?

このページのQRコードです。

拡大