演劇

十月新派公演

女の一生

松竹

三越劇場(東京都)

他劇場あり:

2011/10/05 (水) ~ 2011/10/27 (木) 公演終了

上演時間:

平成21年に新派公演として初演、
各方面より絶賛された『女の一生』が好評につき早くも再演決定!

激動の時代に翻弄された布引けいという一人の女性の姿を、新派の波乃久里子が時に力強く、時にひたむきに演じ、新たな布引けい像を生み出した必見の舞台です。
共演はけいが密かに思いを寄せた堤家の次...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/05 (水) ~ 2011/10/27 (木)
劇場 三越劇場
出演 鴫原桂、瀬戸摩純、井上恭太、鈴木章生、三原邦男、鷹西雅裕、波乃久里子、風間杜夫、中山仁、安井昌二、司葉子、石原舞子
脚本 森本薫
演出 大場正昭
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2011/08/31
全席指定:8,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/shusai/1110/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平成21年に新派公演として初演、
各方面より絶賛された『女の一生』が好評につき早くも再演決定!

激動の時代に翻弄された布引けいという一人の女性の姿を、新派の波乃久里子が時に力強く、時にひたむきに演じ、新たな布引けい像を生み出した必見の舞台です。
共演はけいが密かに思いを寄せた堤家の次男・栄二に、彼女への深い情愛をにじませた風間杜夫、夫となる長男・伸太郎で様々な対立を経た後静かな夫婦愛を見せた中山仁、亡き当主の妻・しずを威厳と品格を持って演じた司葉子、しずの義弟・章介を包みこむような懐の深さで演じ圧倒的存在感を見せた安井昌二という新派初演時の最高の顔ぶれでお贈りします。
またこの作品の演技により波乃久里子が読売演劇大賞優秀女優賞を、安井昌二が松尾芸能賞特別賞をそれぞれ受賞しました。円熟した舞台にどうぞご期待下さい。

あらすじ

明治三十八年(1905年)―日本がようやく近代的な資本主義国の姿をととのえ、同時にその動向が世界の国々と絶ちがたく結びあい、影響し始めた時代である。戦災孤児の境涯にあった布引けい(波乃久里子)が、不思議な縁から拾われて堤家の人となったのは、そんな頃である。

清国との貿易で一家を成した堤家は、しかし、その当主もすでになく、後を継ぐべき息子たちはまだ若く、妻のしず(司葉子)が義弟章介(安井昌二)に助けられながら、困難な時代の一日一日を処していた。

やがてけいは、その闊達な気性を認められて、長男伸太郎(中山仁)の妻となる。息子と、その肩に背負われるべき家を愛するしずの配慮であった。伸太郎は絵を愛し、学問を好んだが、しかし家業を継ぐ意志と意欲に欠けていた。
次男栄二(風間杜夫)に寄せた思慕は断ち切られ、けいは正真正銘堤家の人となる。そして、しずに変わってけいは家の支えとなり、柱となってゆく。担いきれぬほどの重みに耐えながらけいはその「女の一生」を生きるのである。

時は流れて昭和二十年…。二つの大戦を経る激動の時代を生きて、今、焼け跡の廃虚に佇むけいの姿は、過ぎ去った五十余年の月日の、激しさと華やかさを秘めて、哀しい―
その他注意事項
スタッフ 戌井市郎:補綴

[情報提供] 2011/05/23 17:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/10/02 10:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大