演劇

生粋×森 企画公演

演習3 第七官界彷徨

デザイン:里岡かなた(時限拳銃)

0 お気に入りチラシにする

演劇

生粋×森 企画公演

演習3 第七官界彷徨

劇団森

早稲田大学学生会館(東京都)

2011/06/23 (木) ~ 2011/06/26 (日) 公演終了

上演時間:

 かすかな鐘の音がひびいてくる。何処ともしれないところをさまよひ歩いてゐた者がなつかしい場所にたどりついたやうなおちつきが私をとりまいてゐた。
 夢のうちのあの淋しさ。けれどもさつきの鐘の音もやはり夢の世界から来たものか。海なりのおとに気がつくと私はいそいで半身をおこした。黒いピンはゆふべの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/23 (木) ~ 2011/06/26 (日)
劇場 早稲田大学学生会館
出演 藤原未歩(劇団くるめるシアター)、鈴木太一朗、叶健太(東京農業大学演劇研究会)、山崎萌、鈴木一平(早稲田文芸会)、久石ソナ(短歌会・ねこま)
脚本 吉田恭大
演出 荻原永璃
料金(1枚あたり) 100円 ~ 800円
【発売日】2011/06/01
新入生は学生証提示で100円!
サイト

http://dainana201106.blog.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  かすかな鐘の音がひびいてくる。何処ともしれないところをさまよひ歩いてゐた者がなつかしい場所にたどりついたやうなおちつきが私をとりまいてゐた。
 夢のうちのあの淋しさ。けれどもさつきの鐘の音もやはり夢の世界から来たものか。海なりのおとに気がつくと私はいそいで半身をおこした。黒いピンはゆふべのままに枕もとの本の上においてあつた。それを取つて髪にさしながらいつまでも床のあたたかさからはなれたくなかつた。
『めまい』

尾崎翠。明治29年鳥取生まれ。日本で最初の少女小説家の一人。
 五感の次の第六感の、さらにその先に共鳴する言葉を探し続けた。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:吉原早紀
舞台監督補佐:牛込新司
音響:カゲヤマ気象台(sons wo:)
音響操作:天野駿
照明:綿貫美紀
美術:土佐直樹
美術補佐:岡村結花
宣伝美術:里岡かなた(時限拳銃)
演出助手:沖野樹里
制作:演習(第七ゼミ)
製作:生粋工房

[情報提供] 2011/05/16 15:03 by 35

[最終更新] 2012/01/14 15:07 by 35

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー8

かの

かの(0)

やっとこれた!全力でたのしみますん!

よるおわ

よるおわ(0)

あなたです!

ふじわら ふじこ

ふじわら ふじこ(0)

苦しいほど本気 死ぬほど楽しい

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大