演劇

ささやかな民の船出の物語

KIBOU

0 お気に入りチラシにする

演劇

KIBOU

ささやかな民の船出の物語

劇団PATHOS PACK (パトス パック)

テアトルBONBON(東京都)

2011/06/14 (火) ~ 2011/06/19 (日) 公演終了

上演時間:

生きてるってどんなだ?
自分を知る者を通してしか、自己の存在を肯定できない
ささやかな民の未来に向けた船出の物語。

夜の森、ここに暮らす、初老の男達がバーベキューをし、想い出を語りあっている。
すると、不気味に響く金属音の後が聴こえて来る。
そっと息をひそめる男たち。
再び森の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/14 (火) ~ 2011/06/19 (日)
劇場 テアトルBONBON
出演 宇梶剛士、金井良信、平野貴大、沢井正棋、岡田優、塩出純子、大久保見名子、北村岳子、間宮啓行、わかまどか、遠矢武、小國彰裕、大庭英紀
脚本 宇梶剛士
演出 石田恭子
料金(1枚あたり) 3,800円 ~
【発売日】2011/04/25
前売:3800円
当日:4300円
学生:3300円(取扱/劇団電話のみ・要学生証)
サイト

http://yaplog.jp/patopatopathos/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 生きてるってどんなだ?
自分を知る者を通してしか、自己の存在を肯定できない
ささやかな民の未来に向けた船出の物語。

夜の森、ここに暮らす、初老の男達がバーベキューをし、想い出を語りあっている。
すると、不気味に響く金属音の後が聴こえて来る。
そっと息をひそめる男たち。
再び森の静寂が訪れると、そっと呼びかける声がする。

宇梶剛士が書き下ろす、新作。
6月に中野 テアトルBONBOにて上演。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:加藤ちか 舞台監督:金安凌平 照明:宮野和夫 音響:原島正治(囃組)宣伝写真:永井 守 宣伝美術:サカグチケン 制作:石田恭子 企画・製作:劇団PATHOS PACK

[情報提供] 2011/05/13 22:49 by パトス

[最終更新] 2011/05/17 00:56 by パトス

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大