演劇

第二十回公演

その最期を、見届けろ

原稿用紙に雨は降るか

デザイン:八田哲一 (SUNDAY WORKS)

0 お気に入りチラシにする

演劇

第二十回公演

原稿用紙に雨は降るか

その最期を、見届けろ

劇団羅針盤

金沢市民芸術村(石川県)

2011/06/18 (土) ~ 2011/06/26 (日) 公演終了

休演日:2011/6/20~2011/6/23

上演時間:

─物語─


1人の女が、知恵を尽くして男を甦らせる。
それは、失ってしまった男の話。

「今日びさあ、流行らないんじゃないですか?」
「何が」
「一途な女」

無視して書き続ける女作家。
数人だけの小さな出版社。
お情けでもらった小さな仕事だけが頼みの綱。

「出...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/18 (土) ~ 2011/06/26 (日)
劇場 金沢市民芸術村
出演 平田知大、岡本真吾、矢澤あずな、他
脚本 平田知大
演出 平田知大
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,500円
【発売日】2011/05/13
前売り2,000円 当日2,500円

リターンチケットシステム
 今公演を一度観られたお客様は、追加500円ごとに残りの回のチケットが購入できます。
サイト

http://rashinban.petit.cc/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ─物語─


1人の女が、知恵を尽くして男を甦らせる。
それは、失ってしまった男の話。

「今日びさあ、流行らないんじゃないですか?」
「何が」
「一途な女」

無視して書き続ける女作家。
数人だけの小さな出版社。
お情けでもらった小さな仕事だけが頼みの綱。

「出版のアテもないのに書き続けて・・・それ仕事?」

それでも、女は書かずにはいられない。書くしかないのだ。

甦った男には、記憶が無い。女が望んだ男ではない。
軍靴を轟かせ、追っ手が列車に迫る。
この世界では、電気を使うことは重罪なのだ!

「締め切り?」
「無理だって」
「ここで無理しないでいつするの!」

迫り来る無謀な締め切り。
だがこれを乗り切れば、何かが起こるかもしれない!
居合わせた一同全員を巻き込み、
エンディングへ向かって書き殴る女。

物語の中では、再び死につつある男。
歪んだ命は、やはり終わるべきなのか。
いや、たとえ偽りの命だったとしても!

作家が物語を書き上げたとき、
2つのラストシーンは果たして・・・。

作家がつづるお話と、作家自身のお話。
ひとつは、死んでしまった男を甦らせる女のお話。
そしてもうひとつは、小さな出版社のお話。

記憶は─────電気信号に宿る。

劇団旗揚げから7年、ついに記念の20回公演です!

その他注意事項 日時:2011年6月18日(土)PM8:00
          19日(日)PM5:00
          24日(金)PM9:00
          25日(土)PM4:00&8:00
          26日(日)PM2:00  (開場は30分前)
(10歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。)


場所:金沢市民芸術村PIT2ドラマ工房(金沢市大和町1-1)

スタッフ

[情報提供] 2011/05/08 06:02 by サンディ

[最終更新] 2011/06/28 23:22 by サンディ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大