マレビトの会

生祥児童公園(麩屋町六角通り南西角)(京都府)

2011/05/07 (土) ~ 2011/05/07 (土) 公演終了

上演時間:

「N市民 緑下家の物語①」

 N市は、1945年の原子爆弾投下によって廃墟となった。その後、日本
の経済成長とともに復興を遂げ、廃墟の経験は次第にN市民の記憶の中から
消え去っていった。

 緑下家が県北部の離島からN市中心部に移住したのが1970年代後期、
父、緑下川音(みど...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/07 (土) ~ 2011/05/07 (土)
劇場 生祥児童公園(麩屋町六角通り南西角)
出演 生実慧、今野恵子、島崇、西村麻生、松田正隆、森真理子、山口惠子、和田ながら
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
*無料・予約不要、直接会場にお越しください。
サイト

http://marebitonokai.blog118.fc2.com/blog-entry-139.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「N市民 緑下家の物語①」

 N市は、1945年の原子爆弾投下によって廃墟となった。その後、日本
の経済成長とともに復興を遂げ、廃墟の経験は次第にN市民の記憶の中から
消え去っていった。

 緑下家が県北部の離島からN市中心部に移住したのが1970年代後期、
父、緑下川音(みどりしたかわおと)は工業高校の国語の教師をしながら、
母、美濃(みの)とともに三人の子供を育てた。

 主人公の孤独な青年、緑下稲光(みどりしたいなみつ)はその三男である。
稲光は、ひとり言を言うのが癖である。目に映る光景を言葉で描写しテープ
レコーダーに記録するという地味な趣味がある。ひとり言以外はほとんど無口で、
割に合わないその場しのぎのバイト生活を続けている。

 長男の名前は、陽(よう)。陽は右翼団体のリーダーの「ボス」という男
からクズのような仕事をもらい生活している。ハマノ町の居酒屋で働くマリー
という恋人がいる。

 次男の名前は、次男(つぎお)。次男は、生まれて三時間で息を引き取ったが、
母がせめて名前だけでもと、埋葬時に「次男」という名前を父によって付けられ、
緑下家の墓に刻まれたのである。次男は、稲光の口をかりてN市の世界へと顔を
出すことができるようである。稲光がしきりにひとり言を言うのは実は亡霊と
なった次男との対話でもあるのだ。

 陽と稲光には、ユミという一人の姉がいる。ユミは突然失踪し、行方知れずで
ある。噂では勤めていた会社の上司との関係に原因があるとされたが、それも噂
だからさだかではない。時々、稲光はN市の街角でユミの幻影を見たりする。

 ある日(2011年5月7日)、公園でいつものように声の記録をテープレコーダー
に吹き込んでいた稲光のもとに兄の陽が現れる。彼はボスから市長の殺害計画を
密かに聞かされたことを稲光に告げるのである。
 
その他注意事項 *上演時間内、お好きな時間にお越しください(途中出入り自由)。混雑する場合は譲り合ってご覧ください。
*雨天の場合は、翌日5月8日(日)に延期します。その場合は、マレビトの会ブログ、ツイッターにてお知らせいたします。
スタッフ

[情報提供] 2011/05/05 21:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/05 21:51 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大