舞踊・バレエ

Danse/Tanz(日独交流150周年記念)

ファビアン・プリオヴィル「Jailbreak Mind」

東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2011/06/22 (水) ~ 2011/06/23 (木) 公演終了

上演時間:

ファビアン・プリオヴィル「Jailbreak Mind」
ファビアン・プリオヴィルが自らの振付で踊る初めてのソロ・ダンス作品。リアルとヴァーチャルの間を揺れ動き、引き裂かれる屈折した現代人の心理が、ダンスと映像によってほとんど痛みを 伴うほどのリアリティーをもって鮮烈に可視化されている。内側...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/22 (水) ~ 2011/06/23 (木)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 ファビアン・プリオヴィル
演出 ファビアン・プリオヴィル
振付 ファビアン・プリオヴィル
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 ¥3,000 / 学生・日仏学院・ドイツ文化センター会員 ¥2,500 ※全席自由 
サイト

http://www.gaiadaysfunctionband.com/artistmethod/2011YOKOHAMA/fabiensolo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ファビアン・プリオヴィル「Jailbreak Mind」
ファビアン・プリオヴィルが自らの振付で踊る初めてのソロ・ダンス作品。リアルとヴァーチャルの間を揺れ動き、引き裂かれる屈折した現代人の心理が、ダンスと映像によってほとんど痛みを 伴うほどのリアリティーをもって鮮烈に可視化されている。内側と外側に引き裂かれた心のインタラクティブな絡み合いが現実感を失わせ、それがプリオヴィルのダンスのスタイルとなってこの作品を特徴づけている。作品の背景にあるのが秋葉原の無差別殺人事件だ。この事件を知ったプリオヴィルは、このコンピュータ ーゲームを通して殺戮を犯した男の心理に迫り、その感覚を抽象的に呈示してみせた。これをさらに音楽と映像で先鋭化させたのが、ケルンの音楽家フランク・シュルテとビデオアーティストのウリ・ジックである。

その他注意事項
スタッフ 音楽:フランク・シュルテ 
映像:ウリ・ジック 
照明:トビアス・ハイデ 
ドラマトゥルク:シュテファン・シュヴァルツ

[情報提供] 2011/05/03 17:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/03 17:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大