ミュージカル

ミュージカル

二人のゴッホ

ザ・ライフ・カムパニイ

あうるすぽっと(東京都)

2011/05/27 (金) ~ 2011/05/31 (火) 公演終了

上演時間:

考えればかんがえるほど

人を愛すること以上に

真に芸術的なことは

ありえないと思うのだ

見る人を今もひきつけるゴッホの鮮烈な絵画。
なぜ、ゴッホが狂気に至るまで絵を描き続けたのか?

「何とかして人の役に立ちたい」との
狂わんばかりのゴッホの思いが、絵を描く動機...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/27 (金) ~ 2011/05/31 (火)
劇場 あうるすぽっと
出演 たにむら玲子、はらかわ未来、伊藤丈雄、蝶名林舞、荒井洋子、保坂裕子、津山智、藤村美雅、織野友貴、ほか
作曲
脚本 かぶきひさお
演出 かぶきひさお、蕪木陽青生
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2011/04/01
全席自由  5,000円
サイト

http://www.the-life-com.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 考えればかんがえるほど

人を愛すること以上に

真に芸術的なことは

ありえないと思うのだ

見る人を今もひきつけるゴッホの鮮烈な絵画。
なぜ、ゴッホが狂気に至るまで絵を描き続けたのか?

「何とかして人の役に立ちたい」との
狂わんばかりのゴッホの思いが、絵を描く動機であった。
天才のその狂気の奥に深い彼の愛を見るのである。

弟テオは同時代人に受け入れられなかった彼の思いを
財政面で支えたもう一人のゴッホである。

無償の愛を謳いあげた二人のゴッホの本邦初のミュージカル。

∽∽∽テーマとドラマ∽∽∽
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、
“芸術が本来求めるべき人間”を絵画に託した
最後の画家といわれています。
兄ヴィンセントと弟テオドールの兄弟愛は、
それを基軸とした強烈な絆で結ばれていたと思われます。
画商の薄給の中、弟はなぜ兄をそこまでして
支え続けたのでしょうか。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは自ら命を絶ちました。
しかし、それは失意の底の悲哀のためではなかったと
信じたいのです。

弟テオドールによって支えられていたヴィンセントの画業に、
二人にとって最大の試練が訪れたとき、
弟テオが生き延びるため自らの生命を弟に捧げた
愛の行為であったと思われるのです。
生前一枚の絵しか売れなかったヴィンセント・ゴッホの
“なぜ絵を描くのか”という思いを、
世間で認められる遥か前に
弟は兄の心が画いた絵を深く理解していました。
しかし、ヴィンセントから命を分け与えてもらったテオも
その数ヵ月後、その後を追うように亡くなっています。
それは兄を支える使命を終えたことを、
心のどこか深いところでわかっていたのではないでしょうか。

「二人のゴッホ」は、現代芸術が見えなくなってしまった
“人は何のために、なぜ創造するのか”
というテーマを、その生き方を通じて描き出す魂のミュージカルです。

その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/05/02 16:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/02 16:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大