演劇

俳優座劇場プロデュースNo.87

東京原子核クラブ

俳優座劇場

俳優座劇場(東京都)

2011/05/20 (金) ~ 2011/05/21 (土) 公演終了

上演時間:

昭和7年、東京本郷にある下宿屋「平和館」。理化学研究所に勤める若き物理学者・友田晋一郎は、研究所のレベルの高さに自信を失い、故郷の京都に帰ろうとしていた。
また同じ平和館の住人・富佐子も、レビュウで踊っていたのだが若い踊り子に人気を取られ、失意のなか東京を去るところだった。そんな折、理化学研...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/20 (金) ~ 2011/05/21 (土)
劇場 俳優座劇場
出演 田中壮太郎、石井テルユキ、若杉宏二、小飯塚貴世江、西山水木、田中美央、二瓶鮫一、檀臣幸、佐川和正、渡辺聡、外山誠二、佐藤滋
脚本 マキノノゾミ
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 5,600円
【発売日】
一般5600円
グリーンチケット2800円(俳優座劇場のみ扱い)
サイト

http://www.haiyuzagekijou.co.jp/schedule/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和7年、東京本郷にある下宿屋「平和館」。理化学研究所に勤める若き物理学者・友田晋一郎は、研究所のレベルの高さに自信を失い、故郷の京都に帰ろうとしていた。
また同じ平和館の住人・富佐子も、レビュウで踊っていたのだが若い踊り子に人気を取られ、失意のなか東京を去るところだった。そんな折、理化学研究所の同僚・武山が、友田の提唱した物理学上の仮説が主任の西田に認められたという朗報を伝える。
友田はあらためて研究所に残る決心をするのだった。
下宿に住むピアノ弾き、新劇青年、野球に熱中する東大生らと共に、愚かしくも美しい青春の日々が始まる。だが日本は少しずつ戦争に向かって歩んでいた……。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/04/28 15:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/06/03 09:42 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大