劇団四季

自由劇場(東京都)

他劇場あり:

2011/04/13 (水) ~ 2011/05/07 (土) 公演終了

上演時間:

イエス・キリスト(ジーザス・クライスト)最後の7日間を描いたこのミュージカルは、1969年2枚組のアルバムとして発表されました。
作曲は『オペラ座の怪人』『キャッツ』で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバー。
作詞は『美女と野獣』『ライオンキング』『アイーダ』などを手掛けているティム・ライ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/13 (水) ~ 2011/05/07 (土)
劇場 自由劇場
出演 劇団四季(出演予定キャストは初日開演の1時間前に発表いたします。)
作曲 アンドリュー・ロイド=ウェバー
脚本 ティム・ライス
演出 浅利慶太
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 9,800円
【発売日】
会員料金=S8,800円 A6,000円
A学生3,000円
一般料金= S9,800円 A6,000円
A学生3,000円
※上記の料金は消費税(5%)を含んでおります。

http://www.shiki.gr.jp/applause/schedule/jesus.html#jerusalemLast
サイト

http://www.shiki.gr.jp/applause/jesus/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 イエス・キリスト(ジーザス・クライスト)最後の7日間を描いたこのミュージカルは、1969年2枚組のアルバムとして発表されました。
作曲は『オペラ座の怪人』『キャッツ』で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバー。
作詞は『美女と野獣』『ライオンキング』『アイーダ』などを手掛けているティム・ライス。

まだ現在の名声を手に入れる前、弱冠20代の若者2人が作ったアルバムは、瞬く間にミリオンセラーとなりました。
そして1971年に舞台化、ロイド=ウェバーとティム・ライスは世界のミュージカル界に鮮烈なデビューを遂げたのです。

劇団四季による日本初演は1973年のこと。浅利慶太の独自演出は観るものの度肝を抜きました。
歌舞伎調のメイク。ヒッピースタイルの群衆たち。大八車によって表現されるパレスチナの大地・・・。
日本の様式美を活かし、青年ジーザスと彼を取り巻く人々の苦悩や葛藤を赤裸々に描いた本作は、
今もなお、観客の心をつかんで離しません。

日本初演から30年の間に、劇団四季は初演の歌舞伎スタイルとは別にもう一つの演出バージョンをもつことになります。
同じ作品に全く異なる2つの演出バージョン。
初演時の歌舞伎調を活かした「ジャポネスク・バージョン」、
そしてパレスチナの大地を土ぼこり舞うリアリスティックな荒野として描く「エルサレム・バージョン」。
両演出バージョンとも、繰り返し上演され、日本ばかりか海外でも高い評価を得ています。

上演のたびに熱狂的なファンを生んできた『ジーザス・クライスト=スーパースター』は、劇団四季を代表する作品のひとつといえるでしょう。
人間の内面の葛藤をリアルに描き伝える「劇団四季の原点」、あなたはこんなに熱い舞台を観たことがありますか?
その他注意事項
スタッフ 作詞:ティム・ライス
作曲:アンドリュー・ロイド= ウェバー
 
演出:浅利慶太
 
訳詞:岩谷時子
美術・衣裳:金森 馨
振付:山田 卓
照明:沢田祐二
邦楽器編曲:西川啓光
衣裳アレンジ:土屋茂昭、小林巨和

指揮:蓜島公二
レコーディングエンジニア:デヴィッド・ベイカー

[情報提供] 2009/02/04 15:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/02/21 11:27 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大