演劇

テディくまだ プロデュース

春のめざめ

SPRING AWAKENING

テディくまだ プロデュース

武蔵野芸能劇場 小劇場(東京都)

2011/08/12 (金) ~ 2011/08/14 (日) 公演終了

上演時間:

----あらすじ----
19世紀末、ドイツ。無味乾燥な授業、理不尽な教師たち、無理解な親…。
思春期の只中にある少年少女たちは、息が詰まりそうな日々を過ごしている。少女ベンドラは成長していく自分の身体に戸惑いを隠せないでいるが、母親はただはぐらかすばかり。
学校では知識を詰め込むことだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/12 (金) ~ 2011/08/14 (日)
劇場 武蔵野芸能劇場 小劇場
出演 中川健、見城直樹、高橋達也、内田彩香、小崎遥香、齋藤光太郎、菅井新菜、武田直人、但木玲莉、藤田舞夢、紺屋かおり、橋本直樹
脚本
演出 テディくまだ
料金(1枚あたり) ~ 2,500円
【発売日】
サイト

http://profile.ameba.jp/spring-awakening-2011/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ----あらすじ----
19世紀末、ドイツ。無味乾燥な授業、理不尽な教師たち、無理解な親…。
思春期の只中にある少年少女たちは、息が詰まりそうな日々を過ごしている。少女ベンドラは成長していく自分の身体に戸惑いを隠せないでいるが、母親はただはぐらかすばかり。
学校では知識を詰め込むことだけを強要され、生徒たちは自分で考えることを許されない。

ある日、幼なじみのメルヒオールとベンドラは偶然再会する。
社会の情勢は、思春期の少年少女が自由に会うことや話すことを許さなかったのだ。

一方、メルヒオールの友人モリッツは夜毎「悪夢」に悩まされていた。
若者なら誰もが感じる抑えきれない衝動の中で、勉強に集中できない彼は、教師たちの陰謀によってついに落第者のレッテルを貼られてしまう。
父親からも見放され、行き場を失ったモリッツはピストルを手に森へと向かっていく…。

次々と起こる問題に直面し悩み迷いながらも、少年少女たちは自らの心を見つめながらまっすぐに成長していく。
その他注意事項 『R15指定』になる公演もあります。
スタッフ

[情報提供] 2011/04/25 12:35 by とら

[最終更新] 2011/06/14 18:06 by とら

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大