演劇

桜の園

デザイン:納谷衣美

0 お気に入りチラシにする

演劇

地点

イムズホール(福岡県)

2011/05/21 (土) ~ 2011/05/22 (日) 公演終了

上演時間:

チェーホフの遺作となった作品を〈静〉と〈動〉の鮮やかな対比のなかに描く地点作品の真骨頂。07年京都、08年東京、11年モスクワに続いて、いよいよ福岡・イムズホールにて上演!!

ものがたり
「桜の園」とたたえられる美しい庭を持つ屋敷。贅沢と浪費の末に借金の抵当に入った屋敷を取り戻そうとも...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/21 (土) ~ 2011/05/22 (日)
劇場 イムズホール
出演 安部聡子、石田大、大庭裕介、窪田史恵、小林洋平、谷弘恵
脚本 アントン・チェーホフ
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/04/11
一般前売2,500円、当日3,000円
学生前売2,000円、当日2,500円
サイト

http://www.chiten.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 チェーホフの遺作となった作品を〈静〉と〈動〉の鮮やかな対比のなかに描く地点作品の真骨頂。07年京都、08年東京、11年モスクワに続いて、いよいよ福岡・イムズホールにて上演!!

ものがたり
「桜の園」とたたえられる美しい庭を持つ屋敷。贅沢と浪費の末に借金の抵当に入った屋敷を取り戻そうともがく女主人ラネーフスカヤは、しかし、商人ロパーヒンの別荘建築案に賛成できない。人々の想いが交錯する中、屋敷は最終的に、ロパーヒンの手に落ちることになる。古い価値観に縛られ、置き去りにされる人間と、新しい制度の中でも決して充足感を得ることのできない不安な存在としての人間を描ききった名作。
その他注意事項 5/21(土)19:30公演終了後、三浦基によるアフタートークあり
スタッフ 照明:吉本有輝子 映像:山田晋平 美術:杉山至
音響:堂岡俊弘 衣裳:堂本教子 舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜

[情報提供] 2011/04/17 15:55 by 田嶋結菜

[最終更新] 2011/05/24 21:41 by 田嶋結菜

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大