演劇

劇団青年座

紀伊國屋ホール(東京都)

2007/06/16 (土) ~ 2007/06/24 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

日本のどこか…のどかな田舎
あるのは動物園を持つエネルギー研究所(通称エネ研)と
「おやじゼミ」が棲息するという森 そんな地方の町の喫茶店
近所に住む絵本作家高田悟はその店に足繁く通う一人
そんな彼のもとへ、美人で明るい笠原優子が嫁いでくる
「お互いこれで最後にしよう」
高田二度目...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/06/16 (土) ~ 2007/06/24 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 那須佐代子、小林正寛、田中耕二、五十嵐明、若林久弥、片岡富枝、他
脚本 土田英生
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 5,000円
【発売日】2007/04/24
[全席指定] 一般5,000円
ゴールデンシート(65歳以上)4,000円
ユニバシート(大学・各種学校生)3,500円
チェリーシート(高校生以下)2,500円
※一般以外は劇団扱いのみ
サイト

http://www.seinenza.com/performance/public/189.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本のどこか…のどかな田舎
あるのは動物園を持つエネルギー研究所(通称エネ研)と
「おやじゼミ」が棲息するという森 そんな地方の町の喫茶店
近所に住む絵本作家高田悟はその店に足繁く通う一人
そんな彼のもとへ、美人で明るい笠原優子が嫁いでくる
「お互いこれで最後にしよう」
高田二度目、優子四度目の結婚生活が始まる
誰にもある普通の生活
夫と妻、店に集う顔見知りの人たちとの他愛の無いおしゃべり、昔ばなしに噂ばなし
しかしそこに見え隠れする虚実のないまぜの会話に、反応し、突き詰めていく優子
不倫の匂い、エネ研、「おやじゼミ」……
ちょっとした言葉の食い違いに、高田と優子の間に小波がたつ
やがてそれは喫茶店に集う人たちをも巻き込んで波紋を拡げていく

2001年、土田英生氏が初めて青年座に書き下ろした作品が『悔しい女』です。
当然のことですがその世界は、
深刻なのにユーモラス、声を上げて笑ってしまうほどおかしいのに物悲しい。
そんな『悔しい女』を新キャストで上演いたします。
演出は宮田慶子。さらにパワーアップした『悔しい女』にご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ 作 = 土田英生
演出 = 宮田慶子
装置 = 島次郎
照明 = 中川隆一
音響 = 高橋巖
衣裳 = 加納豊美
舞台監督 = 安藤太一
製作 = 森正敏

[情報提供] 2007/05/23 15:18 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/06/24 22:16 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大