演劇

京劇西遊記  

五百年後の孫悟空

楽戯舎

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(滋賀県)

他劇場あり:

2011/05/22 (日) ~ 2011/05/22 (日) 公演終了

上演時間:

上海京劇院の精鋭が歌い、舞い、立ち回る
伝統に裏付けられた精緻な演技に、斬新な演出が光る珠玉の逸品
 

 唐代、長安の都。玄奘は衆生を救う真のお経を手に入れるため、天竺に行く決意をします。遠く危険な道のり、命の保障はありません。皇帝・李世民はその姿に感じ入り、三蔵の名を授けて見送りま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/22 (日) ~ 2011/05/22 (日)
劇場 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
出演 厳慶谷イエンチングー、上海京劇院
脚本
演出 厳慶谷イエンチングー
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 7,000円
【発売日】2011/02/11
S席 7,000円
A席 5,000円
サイト

http://www.rakugi.net/event201105/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 上海京劇院の精鋭が歌い、舞い、立ち回る
伝統に裏付けられた精緻な演技に、斬新な演出が光る珠玉の逸品
 

 唐代、長安の都。玄奘は衆生を救う真のお経を手に入れるため、天竺に行く決意をします。遠く危険な道のり、命の保障はありません。皇帝・李世民はその姿に感じ入り、三蔵の名を授けて見送りました。三蔵が五行山にさしかかると、天宮で大暴れをした罰を受けて山の下敷きになっていた孫悟空が助けを求めています。孫悟空は三蔵が来るこの日を、五百年もの間待ち続けていたのです――。

  孫悟空は旅のお供にはなったものの、たとえ相手が悪人でも殺生してはならぬと教える三蔵と激しく対立します。観音菩薩が三蔵に金の箍と呪文を授け、箍をつけた孫悟空は痛みに耐えかねて従順になりました。
 谷川のほとりに住む白龍が、三蔵の乗っていた馬を食べてしまいます。怒った孫悟空と水族たちが戦いを繰り広げた末、白龍は三蔵の馬に変化し旅の供となりました。


――天竺への道は、まだ一歩が刻まれたばかりである。
その他注意事項 ※日本語字幕あり  
※未就学児童入場不可
スタッフ

[情報提供] 2011/04/01 23:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/04/01 23:00 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大