演劇

日本大学芸術学部演劇学科+まつもと市民芸術館共同制作

~「与話情浮名横櫛」より~

演劇

日本大学芸術学部演劇学科+まつもと市民芸術館共同制作

与三郎

~「与話情浮名横櫛」より~

まつもと市民芸術館

まつもと市民芸術館 小ホール(長野県)

2011/05/06 (金) ~ 2011/05/08 (日) 公演終了

上演時間:

串田和美が総合演出し、若い力とともに、歌舞伎の現代化に挑む!

 平成中村座、コクーン歌舞伎などで、現代に息づいた歌舞伎を演出してきた串田和美芸術監督が、「歌舞伎の現代化」をテーマに新たな試みに挑みます。これは、信州・まつもと大歌舞伎で上演した『佐倉義民傳』の作者・瀬川如皐による名作『与話...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/06 (金) ~ 2011/05/08 (日)
劇場 まつもと市民芸術館 小ホール
出演 大森博史、真那胡敬二、馬渕英俚可、神田京子、近藤隼、内藤栄一、細川貴司、佐藤友、丸山港都、日本大学芸術学部演劇学科学生、有明教育芸術短期大学学生、ほか
脚本 瀬川如皐
演出 串田和美、中野成樹、渡辺美帆子
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/03/19
[全席指定・税込]
一般:2,000円、ペア(2枚1組)3,000円、20歳以下:1,000円[要年齢確認]
サイト

http://www.mpac.jp/play/2011/03/20/post_26.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 串田和美が総合演出し、若い力とともに、歌舞伎の現代化に挑む!

 平成中村座、コクーン歌舞伎などで、現代に息づいた歌舞伎を演出してきた串田和美芸術監督が、「歌舞伎の現代化」をテーマに新たな試みに挑みます。これは、信州・まつもと大歌舞伎で上演した『佐倉義民傳』の作者・瀬川如皐による名作『与話情浮名横櫛(切られ与三)』を、せりふはそのままに、現代の洋服姿で演じていくというもの。

 大森博史、真那胡敬二、馬渕英俚可、女性講談師の神田京子をゲストに迎え、まつもと市民芸術館レジデントカンパニー、日本大学芸術学部演劇学科卒業生・現役生、有明教育芸術短期大学学生らが出演いたします。


 木更津海岸で出会った与三郎とお富はたちまち恋に落ちますが、逢引が見つかって与三郎は身体中に刀傷を受けて放り出され、お富は海に身投げをします。その数年後、互いに死んだと思っていた二人がドラマチックな再会を果たす、という物語。稽古場にいるすべてのメンバーのアイデアや感性をすくい上げて舞台化する串田演出。はたして今回は、どんな“ステキ”を産み落とすでしょう。お楽しみに。
その他注意事項 6日終演後にはレクチャー「歌舞伎を何故、現代化するのか?」(串田和美、中野成樹ほか、聞き手:藤崎周平日本大学芸術学部演劇学科教授)、7・8日終演後には気象予報士で俳優の木原実によるアフタートークを行います。
スタッフ 【構成・総合演出】
串田和美
【演出】
中野成樹 渡辺美帆子

[情報提供] 2011/03/24 17:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/24 17:54 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大