ミュージカル

ニコニコミュージカル

DEAR BOYS ^Double revenge-

ドワンゴ

THEATRE1010(東京都)

2011/04/30 (土) ~ 2011/05/08 (日) 公演終了

上演時間:

新人戦神奈川県大会決勝戦にまで登り詰めた瑞穂高校と本牧東高校。
神奈川の頂点を目指して全面激突!

両者一歩も譲らぬ展開のまま後半戦を迎え、激しさを増す試合の中で徐々にファールの数を重ねてしまう。ついには瑞穂キャプテンの藤原が5ファールで退場。控えのいない瑞穂は、点差を詰められつつも4人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/30 (土) ~ 2011/05/08 (日)
劇場 THEATRE1010
出演 植野堀まこと、兼松若人、田中稔彦、山谷光博、阿部直生、岡田亮輔、小島将士、小笠原健、中島康太、河原田巧也、夛留見啓助、中山優貴、安里勇哉、山本哲平、尾門和也、六本木康弘、寺崎裕香、森渉、鯨井康介、湯澤幸一郎
作曲 坂部剛
脚本 三井秀樹
演出 宇治川まさなり
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 5,500円
【発売日】2011/03/27
前売・当日 \5,500(全席指定・税込)
サイト

http://info.nicovideo.jp/nicomu/dearboys/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新人戦神奈川県大会決勝戦にまで登り詰めた瑞穂高校と本牧東高校。
神奈川の頂点を目指して全面激突!

両者一歩も譲らぬ展開のまま後半戦を迎え、激しさを増す試合の中で徐々にファールの数を重ねてしまう。ついには瑞穂キャプテンの藤原が5ファールで退場。控えのいない瑞穂は、点差を詰められつつも4人で戦いを続けるが、2ポイントリード、残り時間2秒、誰もが勝ちを確信したその瞬間に、本牧東に3ポイントシュートを決められ逆転負けしてしまう。
活動再開後のチームで味わう初めての敗北に、「やはり5人だけではダメなのか?」と周囲からささやかれる中、自らの力でその答えを出し、本牧東に雪辱する事を誓い\新人戦関東大会に駒を進める。

しかし関東大会では、さらなる強敵・成田中央高校が立ちふさがる。
力の差は歴然だった。ハーフコートマンツーでことごとく攻撃をふさがれ、エース哀川のシュートをも阻まれてしまう。そんな状況でも諦めずに戦う哀川をよそに、他のメンバーは意気消沈。控え選手にオールメンバーチェンジされるという屈辱に加え、最終的に55点という大差をつけられ惨敗をしてしまう。
真に強い相手を前に、あっけなくチームは空中分解。試合に勝つことで自分の居場所を作ろうとしていた哀川と、最後の最後で試合を投げ出してしまったメンバー。仲間としての信頼関係に亀裂が生じ、ついに哀川は練習にも顔を見せなくなってしまう。

「バスケをする事の意味は?」「真の仲間に必要なものは?」
2つの敗戦から生じた問いに、それぞれの立場で思い悩む瑞穂。ばらばらになったチームは、
再びひとつになる事が出来るのか? ぶつかり合う思い、待望の“6人目”の加入、
新たなシーズンに向けて、今、瑞穂のリベンジが始まる‥‥。
その他注意事項
スタッフ 原作:八神ひろき(講談社「月刊少年マガジン」連載)
振付:mickEY / O-key
美術:水谷 雄司(王様美術)
照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN)
音響:山本浩一(サウンドクラフトライブデザイン)
衣装:兵頭 奈々子
ヘアメイク:前田 亜耶(SUGAR)
歌唱指導:長野佳代
演出助手:佐藤信也
舞台監督:今野健一

[情報提供] 2011/03/06 10:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/08 13:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大