演劇

第32回 シアターΧ名作劇場

『ドモ又の死』『眠駱駝物語』

日本近・現代秀作短編劇シリーズ

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2011/03/08 (火) ~ 2011/03/13 (日) 公演終了

上演時間:

日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っていま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/08 (火) ~ 2011/03/13 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 藍ひとみ、井ノ口勲、太田直人、小田純也、佐藤光一、高塚玄、鷹嘴喜洋子、奈良井志摩、根岸光太郎、初月佑維、藤本至、山口晶代、山崎哲史
脚本 日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ日本近・現代秀作短編劇100本シリーズシアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っています。2010年8月までに取り上げた作品は64本を数えます。『ドモ又の死』有島武郎
演出 川和孝、岡鬼太郎
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,500円
【発売日】
前売:3,000円
当日:3,500円
学生:2,000円
高校生:500円
シニア(65歳以上):2,800円
(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/11/110308-110313p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っています。2010年8月までに取り上げた作品は64本を数えます。

『ドモ又の死』
有島武郎(1878年~1923年)
若く貧乏な5人の画家たちは、皆が好意を寄せるとも子という娘をモデルに絵画に精進している。しかし、飲まず食わずで切羽つまった彼らは、ドモ又とあだ名される戸部を若くして死んだ天才画家と偽装し、困窮を乗り切ることを画策するが・・・。

『眠駱駝物語(ねむるがらくだものがたり)』
岡鬼太郎(1872年~1943年)
江戸のある長屋で鼻つまみ者のらくだの馬さんが、ふぐを食べてぽっくり死んでしまった。兄貴分だが無一文の遊び人・半次が葬式を出すことに。そこに紙屑屋の久六がやってきて・・・。落語「らくだ」に想を得て、自由に創造した脚本である。
その他注意事項
スタッフ 美術 : 岡田道哉
照明 : 清水義幸
衣裳 : 鳥居照子
振付 : 旭日扇秀
音響 : 福西理佳
舞台監督 : 島洋三郎
演出助手 : 佐藤大幸
写真 : 中川忠満
作者肖像画 : 松尾智昭

[情報提供] 2011/02/27 11:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/23 08:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

やまさん

やまさん(87)

地味にしてます。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大