女優マリア 公演情報 女優マリア」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-6件 / 6件中
  • 満足度★★★★★

    お客さんの雰囲気も良くて
    純粋に笑っていいんだなって雰囲気もあって楽しめました!!女優さんって怖いね(笑)

  • 満足度★★★★

    千秋楽
    滑り込みで観られました。
    おいっす!さんとは長い付き合いになりますが、
    ずっと「普遍」を貫く、良質なお芝居。

    楽ゆえの、疲れがにじみ出た甘噛みの多いキャスト陣。
    こちらで☆ひとつマイナス。
    大事なシーンの大事なところが聞こえないと、
    すこし気持ちが落ちてしまいます。

    ストーリーもよく練られていて、松永さんらしい脚本。
    キャスティングも絶妙な塩梅で、
    奥原さんの前説も人柄がにじみ出ていて。

    変わらぬ戦友に、勇気をもらった気がします。

  • 満足度★★★★

    見せ方がうまい!
    女優マリアの真意を直接見せず、過去回想と現在の関係者の断片的な発言で浮かび上がらせる手法がとてもうまい。謎のまま残った部分もあるが、ラストシーンで、一人の「女」としての女優マリアが存在していたことがぼんやりと判ることで、後味良く終幕できた。

    女優マリアの人柄をはじめ、登場人物全員が好意的に見れる(善人ということでなく)ため、コメディも自然に笑える空気が出来上がっていた。

    ネタバレBOX

    大女優マリア(鈴木麻衣花)が所属した事務所はもうすぐ撤退する。マリアが死亡したためだ。夫であり事務所社長の風間(ロン佐藤)のとこに、マリアの追悼冊子を作りたいと出版社の飯島(奥原)が訪ねてくる。飯島が編集のため、関係者へのインタビューを重ねる。そこには、嘘を駆使して業界内を渡り歩き、大役を勝ち取るマリアの姿が見えてくる。
    ただ、飯島の正体が出版社の人間でないとわかった時、マリアとはどんな女だったのか、夫ですら知らなかったマリアの真意はなんだったのか、大きな謎が頭をもたげる。

    登場シーンから、不思議な雰囲気のマリア。大言を吐き、かわいい虚で大物女優に取り入る。大物監督には、色気で押すこともキッチリこなし、一気にスターダムを昇る。実にカワイイ。
    このような人物像で、観客の心と興味をしっかり掴んだことも大きい。ここを抑えたからこそ、後半の謎が示された時の客のテンション上がり、ラストのオチ(マリアが女優になったのは、風間の夢をかなえるため)で温かな気持ちになれるのだろう。ああ、彼女は、普通の「女」だったんだなと。


    ちなみに、チラシにあるようなドレスアップしたマリアは登場しない。事務所に自分を売り込みに来た際の私服。レバニラ定食?を出前に来た際のバイト着。白川志穂(松浦玉恵)の付人時のジャージ姿。あとは、ホテルでのバスローブ姿。鈴木の演技の賜物か、どれも魅力的に見えた。
  • 満足度★★★★★

    本当の姿は???
    さまざまなエピソードで観せていく、マリアの姿!
    とても面白かったです。

    ネタバレBOX

    「悪い部分だけをつなぎ合わせると人はみな悪人になってしまう」の台詞が印象的でした。
  • 満足度★★★★★

    緻密でClever
    「善悪」や「裏表」といった人間臭い部分があって面白かったです。

    トップに登るにはダマすことも重要なんだ、とマリアを見て思わされました。

    それを可能にするのは「一念」だったり「根性」だったりするのでしょうか。

    鈴木麻衣花さん良かったです。

  • 満足度★★★★

    面白かった!
    女優の半生を回顧していくサスペンスもの。

    良い意味での裏切りの連続で本当に楽しめた。
    本当に面白かった。

このページのQRコードです。

拡大