演劇

劇団大地の牙

天満天六・音太小屋(大阪府)

2011/02/12 (土) ~ 2011/02/13 (日) 公演終了

上演時間:

 「ここは--ここはどこだ。」
目覚めた亮太の前には、あの世への案内人・夕凪がいた。
そして、その先には、死んだ人をあの世に連れて行く客船・シャハラザード号が出航時間の夜明けと、亮太を待っていた。

突然の死を受け入れられない亮太は、恋人・ひとみや劇団仲間の元へ逃げ出す。しかし、彼の姿...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/12 (土) ~ 2011/02/13 (日)
劇場 天満天六・音太小屋
出演 葛原瑞穂(EBiSU倶楽部)、西村昌広(劇団こやぎ)、松木陽子、藤原弘代、山盛豊貴(EBiSU倶楽部)、鷹矢恭司(演劇空間無限軌道/オフィス錬磨、吉田タツロヲ(フリー)、南田明宏(Shibaiya遊歩堂)、ゆうこ
脚本 高橋いさを(劇団ショーマ)
演出 三七三参
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,800円
【発売日】
前売り 1,500円
当日  1,800円
サイト

http://www.geocities.jp/daikiba/performances/p24pre.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  「ここは--ここはどこだ。」
目覚めた亮太の前には、あの世への案内人・夕凪がいた。
そして、その先には、死んだ人をあの世に連れて行く客船・シャハラザード号が出航時間の夜明けと、亮太を待っていた。

突然の死を受け入れられない亮太は、恋人・ひとみや劇団仲間の元へ逃げ出す。しかし、彼の姿は誰にも見えず、彼の声は誰にも届かなくなってしまっていた。

 「待てって言ってんだろう、そこの浮き輪野郎ッ。」
たった一人、亮太と普通に接することができるのは、現金輸送車強奪犯・川本五郎だった。彼は仲間割れの末、銃で撃たれ半死半生の身となっていたのだ。

川本を通して、ひとみに一言さよならを伝えたい亮太は、瀕死の川本を必死に助けようとする。しかし、その努力も空しく川本も息絶えてしまう。

 「一言、伝えれば、それで必ず船に乗ってくれるわね。」
夕凪の協力で、川本は明日の夜明けまでの命を手に入れる。喜ぶ亮太だったが、川本は自分を殺した者たちへの復讐しか眼中にない。

あの世へ行くまでの時間を、偶然共にすることになった亮太と川本。生きている者たちも巻き込んで、二人は最期の時間を懸命に駆け抜ける。

 「いい人生だったか。楽しい人生だったか。」
その答えは、いくつもの物語の中の、たったひとつの新たな物語。
その他注意事項 ホームページ掲載のチラシを印刷してご持参くださった方は、前売価格 1,500円でご覧いただけます。
スタッフ 照明: 三國 創 (Sou Stage Lighting Art)
照明OP: 三池みのり(フリー)
音響: 水間 健二(SOUND RECREATION)
衣装: 茶々
大道具: D-牙
小道具: 堀越 洋子
宣伝美術: 茶々
制作: D-牙

[情報提供] 2011/02/08 15:39 by giving

[最終更新] 2011/02/08 15:53 by giving

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大