演劇

劇団俳優座公演NO.307

朗読とギター・デュエットによる舞台劇

月光の海 ギタラ

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団俳優座公演NO.307

月光の海 ギタラ

朗読とギター・デュエットによる舞台劇

劇団俳優座

紀伊國屋ホール(東京都)

2011/05/14 (土) ~ 2011/05/23 (月) 公演終了

上演時間:

沖縄の孤島、黒潮洗う白い崖(ギタラ)で何が起きたのか。米軍艦船への体当たりに失敗した若き特攻隊員速水圭一郎は、不時着後、過酷な運命に翻弄される。迫る米軍の上陸、自決か捕虜か。あの遠い夏の日の“愛と死のドラマ”が蘇る。戦後半世紀、秘めてきた特攻隊員の苦悩の足跡を追う、「月光の夏」につづく感動小説...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/14 (土) ~ 2011/05/23 (月)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 加藤剛、川口啓史、河内浩、斉藤淳、脇田康弘、頼三四郎、宮川崇、森尻斗南、阿部百合子、島美布由、小澤英恵、小澤木の実、長野剛(ギター演奏)、クリスティーナ・トラヴロプールー(ギター演奏)
脚本 毛利恒之
演出 藤原留香
料金(1枚あたり) 3,675円 ~ 5,250円
【発売日】2011/04/04
一般A席:5,250円、一般B席:4,200円、学生<B席のみ>:3,675円
サイト

http://www.haiyuza.net

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 沖縄の孤島、黒潮洗う白い崖(ギタラ)で何が起きたのか。米軍艦船への体当たりに失敗した若き特攻隊員速水圭一郎は、不時着後、過酷な運命に翻弄される。迫る米軍の上陸、自決か捕虜か。あの遠い夏の日の“愛と死のドラマ”が蘇る。戦後半世紀、秘めてきた特攻隊員の苦悩の足跡を追う、「月光の夏」につづく感動小説の舞台化です。
その他注意事項
スタッフ 企画:加藤剛
原作・脚本:毛利恒之(小説「月光の海」 講談社文庫)
演出:藤原留香
音楽監督:長野剛
美術:宮下卓
照明:石島奈津子
効果:勝見淳一
衣裳:石川君子
演出助手:落合真奈美
舞台監督:石井道隆
制作:下哲也、沖真裕子
協力:同行社、アートライン・プロモーション、みなと・9条の会、世田谷・九条の会

[情報提供] 2011/02/07 11:55 by 演劇制作部

[最終更新] 2011/02/07 12:08 by 演劇制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大