演劇

故きを温ねて新しきを知る音楽劇

~琴似フラグステーション~

演劇

故きを温ねて新しきを知る音楽劇

旗ヲ出スベカラズ

~琴似フラグステーション~

NPO法人コンカリーニョ

あさひサンライズホール・こだまホール(北海道)

他劇場あり:

2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土) 公演終了

上演時間:

 
札幌-小樽間に鉄道が敷かれたのは、
今から百三十年前、明治十三年のことです。
その頃の琴似には駅がありませんでした。
汽車に乗る人がいる時は
線路の脇に旗を立てて合図をしていました。
でも旗さえ立てればどこにでも
止まってくれるわけではありません。

さて、のんびりしてい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土)
劇場 あさひサンライズホール・こだまホール
出演
脚本 すがの公
演出 斎藤ちず
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,000円
【発売日】
一般 1000円
高校生 500円
中学生以下 無料 (整理券が必要です)
サイト

http://www.concarino.or.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  
札幌-小樽間に鉄道が敷かれたのは、
今から百三十年前、明治十三年のことです。
その頃の琴似には駅がありませんでした。
汽車に乗る人がいる時は
線路の脇に旗を立てて合図をしていました。
でも旗さえ立てればどこにでも
止まってくれるわけではありません。

さて、のんびりしていたある日のこと、
急用でどうしても汽車に乗らなければならなくなりました。
しかし、ここに旗を立てても汽車は
止まってくれません。
困った挙句に ……!


【温故知新音楽劇 とは?】
そのむかし、琴似・八軒周辺で本当に起きた出来事を、想像をまじえながら、歌あり踊りありのお芝居にしました。地域の人たちを中心に、幼児から70代までが参加して、楽しく作っています。これまで屯田兵や郵便屋さん、お風呂屋さんなどの歴史を取材して上演してきました。6回目の今年は、開設130周年を迎えた鉄道を舞台に、明治時代のこころあたたまる暮らしぶりを描きます。
その他注意事項 [公演日程]
<札幌公演>
2011年 2月12日(土) 14:00 / 19:00
2011年 2月13日(日) 14:00

<士別公演>
2011年 2月19日(土) 16:00
スタッフ 音楽: 橋本幸
衣裳: 佐々木青
舞台製作: 福田舞台
照明: 高橋正和
音響: 大江芳樹

舞台監督: 高橋詳幸(アクトコール)
演技指導: 松本直人、宮澤りえ蔵
演出助手: 能代祐子
小道具: 温故知新音楽劇製作チーム
制作: 温故知新音楽劇制作チーム

デザイン: 小島達子
イラスト: トコロザワ
協力: fireworks、「土曜はコトニ」実行委員会

[情報提供] 2011/02/04 11:59 by はこP

[最終更新] 2011/02/04 12:26 by はこP

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大