Space Shuttle Show

シアターサンモール(東京都)

2011/03/02 (水) ~ 2011/03/08 (火) 公演終了

上演時間:

戦後、混乱と混沌の中とある刑務所に堕ちた(通称)ジンギ。
恋人を強姦した相手、米国軍人に暴行を加え傷害事件として罪に問われる。
護るべくして闘う先に待っていたのは「罪」という結末。
真実は闇雲に消し去り、不条理だけが残る世の中。
そんな彼にとって信じるものは自分自身でしかない。
それ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/02 (水) ~ 2011/03/08 (火)
劇場 シアターサンモール
出演 渡辺大輔、天野浩成、高崎翔太、吉田友一、真島公平、森豪士、鬼束道歩、岡田光、池田知恵、中野唯花、大友陸、小川直、天野哲也、黒藤結軌、倉八慶、伊藤孝太郎、川村忠、北村貴広、楠たま子、千紗子、佐久間比呂美
脚本 骨川道夫
演出 加藤真紀子
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 6,000円
【発売日】2011/01/29
前売り5500円 当日6000円

サイト

http://stage-voyage.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 戦後、混乱と混沌の中とある刑務所に堕ちた(通称)ジンギ。
恋人を強姦した相手、米国軍人に暴行を加え傷害事件として罪に問われる。
護るべくして闘う先に待っていたのは「罪」という結末。
真実は闇雲に消し去り、不条理だけが残る世の中。
そんな彼にとって信じるものは自分自身でしかない。
それは檻の中に入る者に共通していた。
同房で出会った5人の囚人達。

それぞれが犯した罪。
監獄の中で押し寄せる”闇”との葛藤。
そんな中、彼等が見つけた一筋の光。

『負けるわけにいかねぇ』

不条理な世の中と向き合い必死に生き抜く囚人達。
そしてそれは次第に信じ合える同志、そして仲間の絆が出来上がってゆく。

『見ようじゃねぇかよ、あのオーロラを!』

彼らはまるで
海底に潜む海賊たち。
オーロラを見るために
彼らの夢の大航海が始まる。
そう大事なあの人に会うために!
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 佐藤恵
照明 関口裕二(balance,inc.DESIGN)
美術 青木拓也
振り付け NAO-G(G-S.A.C.)
音楽監督 鈴木由洋
音楽ディレクター 荒木健
音楽 manamik(清田 愛未) Hirokazu Romeo Murakami
小道具演出部 河野千鶴
衣装 上平穂高
DND制作 まじまかるふぇいす
舞台写真 Takeo Fukuma
デザイン 仲幸貴
企画協力 リエゾンポイント
企画制作 Knocturn

プロデューサー 藤田大邦 上山篤志

[情報提供] 2011/02/02 20:59 by +sugar+

[最終更新] 2011/04/01 00:47 by +sugar+

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大