演劇

カンパニー・グエナエル・モラン

ラシーヌの「ベレニス」による「ベレニス」

0 お気に入りチラシにする

演劇

カンパニー・グエナエル・モラン

ラシーヌの「ベレニス」による「ベレニス」

アンスティチュ・フランセ横浜

神奈川芸術劇場・ホール(神奈川県)

2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土) 公演終了

上演時間:

さて東京・横浜日仏学院は、2月19日(土)18時より神奈川芸術劇場にて、グエナエル・モラン演出『ラシーヌの「ベレニス」による「ベレニス」』を上演いたします。

本公演は、リヨンの新進気鋭の演出家グエナエル・モランが、フランスの劇作家 ラシーヌの古典悲劇「ベレニス」を大胆に演出した作品です。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土)
劇場 神奈川芸術劇場・ホール
出演 ジュリアン・エグリクス、バルバラ・ユング、グレゴワール・モンサンジョン、ユリス・ピュジョ
脚本 ジャン=バティスト・ラシーヌ
演出 グエナエル・モラン
料金(1枚あたり) 1,500円 ~
【発売日】
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/10517

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 さて東京・横浜日仏学院は、2月19日(土)18時より神奈川芸術劇場にて、グエナエル・モラン演出『ラシーヌの「ベレニス」による「ベレニス」』を上演いたします。

本公演は、リヨンの新進気鋭の演出家グエナエル・モランが、フランスの劇作家 ラシーヌの古典悲劇「ベレニス」を大胆に演出した作品です。このたび横浜で開催されるTPAM in Yokohama 2011の海外ショーケースの一環と して、本邦初上演いたします。

ローマ皇帝ティチュスは、パレスティナの女王ベレニスを愛している。しかしローマ市民は、異邦人が皇帝の妻になることを受け入れぬため、二人は結婚することができない…。
演出家グエナエル・モランは、言葉への情熱と、前代未聞の役者の配置方法によって、この有名な悲劇を見事なまでに大胆に演出します。ボール紙やコピー紙を使った舞台装飾、ラブソング、エネルギーが漲る役者たち。観客はこの芝居に歓喜し、激しく心を奪われるでしょう。

リヨンを拠点に活動するグエナエル・モラン・カンパニーが、パリ郊外のラボラトワール・ドーベルヴィリエで2009年に行ったプロジェクト「テアトル・ペルマナン」。ラボラトワール・ドーベルヴィリエという場所のために構想されたこのプロジェクトは、『ベレニス』をはじめ『タルチュフ』や『アンティゴネー』等の古典作品を丁寧に研究し、稽古と公演、そして誰もが自由に参加できる無料のワークショップをとおした市民への伝達を、一年に渡って続けるというものである。演劇と政治に対する前代未聞のこの試みは、環境や観客との新たな関係性を生み出そうとする、グエナエル・モランと彼のカンパニーの優れた役者たちの、強い意志を物語っている。

主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜2011実行委員会、東京・横浜日仏学院


その他注意事項 フランス語公演、日本語字幕付き
スタッフ

[情報提供] 2011/02/02 16:11 by 横浜日仏学院

[最終更新] 2011/02/02 16:47 by 横浜日仏学院

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大