演劇

火星の生活

Life on Mars?

冨士山アネット

吉祥寺シアター(東京都)

2005/10/14 (金) ~ 2005/10/16 (日) 公演終了

上演時間:

“Is there life on Mars?”

女性の、女性による、女性の為の、アネット。(男性も可!)

滑稽な孤独と、結構な悪夢。溢るる。

[ A n n e t t e o n M a r s ? ]
本作品は、1971年にデヴィッド・ボウイによって制作された[...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

冨士山アネットpresents
[火星の生活]
2005/10/14-16 at 吉祥寺シアター
作品ページ:
http://fannette.net/production/lifeonmars.html

冨士山アネット/FujiyamaAnnette
作・演出・振付の長谷川寧を中心としたカンパニー。
演劇の方法論を用い、身体を起こして行くという「ダンス的演劇(テアタータンツ)」にて独自の活動を行っている。
公式サイト:http://fannette.net/

*次回予定
[Romeo.] シンガポール招聘公演&日本凱旋公演
2009/04/10-11 Singapore
Esplanade Theatre Studio (Esplanade招聘公演)
2009/05 JAPAN
川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場(クリエイション・サポート事業)
詳細:http://fannette.net/next

公演詳細

期間 2005/10/14 (金) ~ 2005/10/16 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 山下和美、船津奈緒子、原口茜、戸田星紗、齋藤由香り、ウヌマよなか(〇素)、細野今日子(カカフカカ企画)、櫛田あずさ、小泉めぐみ、中崎ふく子、河野真子、三上結以、長谷川寧、沼野周平、木田尊大、歳岡孝士
脚本 長谷川寧
演出 長谷川寧
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://fanette.fc2web.com/mars.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 “Is there life on Mars?”

女性の、女性による、女性の為の、アネット。(男性も可!)

滑稽な孤独と、結構な悪夢。溢るる。

[ A n n e t t e o n M a r s ? ]
本作品は、1971年にデヴィッド・ボウイによって制作された[life on Mars?]という楽曲をモチーフにします。

この作品の邦題は[火星の生活]となっていますが、これは一般的には誤訳とされています。
これは「火星に人生なんてあるのかしらん?」と言った意味合いで、どういった経緯でこの邦題がつけられたのかは判り兼ねますが、何故かそこに愛着が沸く側面もまたあります。
少女が夢想する火星の生活と現実を、混ぜて吐出してやるのです。

今回は吉祥寺シアターの劇場機構をフルに使い、新作パフォーマンスを行います。
貴方が座る座席からは辺り一面、至る所がパフォーマンスが行われるスペースとなります。

出演者は女性ばかり。

会場中が埋め尽くされた中行われる出演者の激しくも奇妙な動きは、さながらコンテンポラリーなチャップリンの様。
アネットの新しい表現は、きっと貴方を魅了する事でしょう。
その他注意事項
スタッフ 作・演出・振付  長谷川寧
衣裳パフォーマー 山下和美
音楽監督     吉田隆弘
演出助手     船津奈緒子 沼ノ周平
舞台監督     西廣奏 棚瀬巧
美術       小林奈月
照明       奥田賢太(オフィスダミアン)
映像       浦島啓(puredust)
音響       高橋秀雄(SOUNDCUBE)
小道具      武藤昌子 中村直代
宣伝美術     太田創(01ga Graphics)
制作       冨士山家

[情報提供] 2007/05/16 00:31 by あや子(・_・)

[最終更新] 2011/02/18 00:17 by yph

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

冨士山家

冨士山家(0)

冨士山アネットです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大