歌舞伎・伝統芸能

第四回和の会主催 宝生流能楽公演

体感する能 / KANAWA -鉄輪-

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

第四回和の会主催 宝生流能楽公演

体感する能 / KANAWA -鉄輪-

和の会

宝生能楽堂(東京都)

2011/04/30 (土) ~ 2011/04/30 (土) 公演終了

上演時間:

<公式サイトより抜粋>

それは「女」と云うには禍々しく、
「鬼」と云うにはあまりに哀しい。

自分を捨てた夫を呪い、鬼と化す女の物語「鉄輪」。この演目では2種類の能面が用いられますが、演じ手の技量により、それぞれの面はあらゆる表情を映します。憔悴した女の面が見せる鬼のようなすさまじ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/30 (土) ~ 2011/04/30 (土)
劇場 宝生能楽堂
出演 宝生和英
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 6,000円
【発売日】
指定席 6,000円  自由席(一般)4,500円  自由席(学生)4,000円
サイト

http://www.hosho-wanokai.com/performance/04kanawa/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <公式サイトより抜粋>

それは「女」と云うには禍々しく、
「鬼」と云うにはあまりに哀しい。

自分を捨てた夫を呪い、鬼と化す女の物語「鉄輪」。この演目では2種類の能面が用いられますが、演じ手の技量により、それぞれの面はあらゆる表情を映します。憔悴した女の面が見せる鬼のようなすさまじさ、鬼の形相の面が垣間見せる恋しい男を慕う女のせつなさ。その心情の揺らぎまで体感していただければ幸いです。さらに、今回はすべて京都を舞台に、男女の悲恋を描く演目で構成しました。そちらも意識して観能すると、いっそうお楽しみ頂けると思います。

演目
連吟「女郎花」(おみなめし)、仕舞「班女」(はんじょ)、狂言「墨塗」(すみぬり)、一人語り「KANAWA」、能「鉄輪」(かなわ)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/01/31 15:43 by 形状不明

[最終更新] 2011/04/28 03:44 by 和の会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大