演劇

これからの人生

La vie devant soi

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2011/03/01 (火) ~ 2011/03/06 (日) 公演終了

上演時間:

フランスの作家ロマン・ギャリーが2度目のゴンクール賞を受賞した意欲作。1977年に映画化され(アカデミー賞受賞)、2007年に初舞台化され好評を博した(モリエール賞受賞)話題作の日本初演!
舞台はパリの下町。第二次世界大戦中に強制収容所に送られた過去を持つポーランド出身のユダヤ人の元娼婦ロザ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/01 (火) ~ 2011/03/06 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 辻由美子、白石圭司、酒井宗親、柳瀬太一
脚本 作:ロマン・ギャリー、脚本:グザヴィエ・ジャイアール、訳:川口覚子
演出 南雲史成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2011/02/01
前売3800演、当日4000円、学生3300円
年間通しチケット(3枚綴り)10,000円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フランスの作家ロマン・ギャリーが2度目のゴンクール賞を受賞した意欲作。1977年に映画化され(アカデミー賞受賞)、2007年に初舞台化され好評を博した(モリエール賞受賞)話題作の日本初演!
舞台はパリの下町。第二次世界大戦中に強制収容所に送られた過去を持つポーランド出身のユダヤ人の元娼婦ロザは、人種の区別なく娼婦の子どもたちを預かってきた。
現在はイスラム教徒の少年モモを育てている。
傷ついたふたつの魂が寄り添う日常……。
政治やイデオロギー、人種、宗教によって隅に追いやられた人間の“絆”を描く。
その他注意事項 助成:文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)
後援:在日フランス大使館/中野区
スタッフ 音楽:八幡茂、舞台美術:高田一郎
照明:塚本悟、音響:実吉英一、
衣裳:長谷川敬久、舞台監督:佐田剛久、製作:佐藤春江

[情報提供] 2011/01/31 15:29 by なっち

[最終更新] 2011/10/16 00:46 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大