演劇

小曽根真プロデュース

井上ひさしに捧ぐ

Bunkamura

Bunkamuraオーチャードホール(東京都)

2011/05/11 (水) ~ 2011/05/11 (水) 公演終了

上演時間:

小曽根真は2009年10月に上演された井上ひさし氏の舞台「組曲虐殺」の音楽・演奏を担当し、第17回読売演劇大賞、最優秀スタッフ賞を受賞するなど、生前の井上氏とは深い繋がりがありました。
第一部では小曽根真を中心に、井上氏主宰のこまつ座ゆかりの俳優たちとともに、音楽面から井上氏の功績を振り返り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/11 (水) ~ 2011/05/11 (水)
劇場 Bunkamuraオーチャードホール
出演 小曽根真と仲間たち、井上芳雄、大竹しのぶ、神野三鈴、木場勝己、辻萬長、剣幸
脚本
演出
料金(1枚あたり) 6,500円 ~ 8,000円
【発売日】2011/02/12
S¥8,000 A¥6,500(税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/shosai_11_inoue.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 小曽根真は2009年10月に上演された井上ひさし氏の舞台「組曲虐殺」の音楽・演奏を担当し、第17回読売演劇大賞、最優秀スタッフ賞を受賞するなど、生前の井上氏とは深い繋がりがありました。
第一部では小曽根真を中心に、井上氏主宰のこまつ座ゆかりの俳優たちとともに、音楽面から井上氏の功績を振り返ります。また第二部では井上氏の委嘱により小曽根真が作曲し、2003年山形県国民文化祭にて初演されたピアノ協奏曲「もがみ」をオーケストラとともにお届けします。 豪華共演陣による一夜限りのトリビュートコンサートにぜひご期待ください。

第一部:こまつ座ゆかりの俳優とともに、井上ひさし氏が音楽と遊んだ時間を振り返る
マック・ザ・ナイフ、伏せ字の唄、パブロフの犬、豊多摩の低い月、など
第二部:小曽根真の弾き振り+東京フィル+合唱による演奏
ピアノ協奏曲「もがみ」(作曲:小曽根真)
その他注意事項
スタッフ 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2011/01/30 23:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/01/30 23:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大