演劇

かなざわ演劇祭2011Feb参加作品

「驟雨」

デザイン:澤田春菜

0 お気に入りチラシにする

演劇

かなざわ演劇祭2011Feb参加作品

「驟雨」

劇団アンゲルス

劇団アンゲルス小劇場An.studio(石川県)

2011/02/05 (土) ~ 2011/02/06 (日) 公演終了

上演時間:

中年の夫婦、譲と朋子は安定した生活を送ってはいるが、何かつまらない。ある夕方、新婚旅行に出たはずの朋子の妹恒子が家へやって来る。親類縁者の反対の中、朋子の味方もあって実現した結婚であったが、恒子は一人帰ってきて「別れる」と言い出す。彼女の話を聞きながら譲と朋子は、自分たちのうちに眠っていた“若...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/05 (土) ~ 2011/02/06 (日)
劇場 劇団アンゲルス小劇場An.studio
出演 月原豊、澤田春菜、川本千春、楠彩(劇団ひまわり)
脚本 岸田國士
演出 岡井直道
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
驟雨(劇団アンゲルス)、紙風船(このしたやみ)、春と修羅(双身機関)が3作品同時公演
各回限定30席
◇ 申し込み(必須):2/ 5, 6は、info@k-tpa.com
               0762643078
サイト

http://www.theater-angelus.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 中年の夫婦、譲と朋子は安定した生活を送ってはいるが、何かつまらない。ある夕方、新婚旅行に出たはずの朋子の妹恒子が家へやって来る。親類縁者の反対の中、朋子の味方もあって実現した結婚であったが、恒子は一人帰ってきて「別れる」と言い出す。彼女の話を聞きながら譲と朋子は、自分たちのうちに眠っていた“若き日の過激”を目覚めさせてしまう・・・いささかの苦しみを持って。
昭和の初め、岸田國士が“内なる混在”をリアルに書いた秀作!
その他注意事項
スタッフ 舞台監督、照明:本庄亮
音響オペ:東義久(劇団ひまわり)

[情報提供] 2011/01/29 18:54 by monkey_makoto

[最終更新] 2011/01/29 18:57 by monkey_makoto

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大