秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2011/03/04 (金) ~ 2011/03/13 (日) 公演終了

休演日:3/7

上演時間:

医師不足や赤字経営に見舞われ、閉院に追い込まれる病院も少なくない。ここ花里病院も例外ではなく、三年前は閉院寸前の崖っぷちにあったが、住民自らが友の会を立ち上げて募金を集め、再建にこぎつけた。無類の人情家で病院内外での人望も厚い院長の存在も大きい。通称〝青ひげ〟。髭が青いわけではない、髭そり跡が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/04 (金) ~ 2011/03/13 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 葛西和雄、小竹伊津子、藤井美恵子、藤木久美子、名川伸子、広尾博、ほか
脚本 高橋正圀
演出 松波喬介
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,500円
【発売日】2010/12/15
[全席指定]  一般5,000円 U30(30歳以下)3,000円
※当日券は各300円増し
サイト

http://www.seinengekijo.co.jp/frame.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 医師不足や赤字経営に見舞われ、閉院に追い込まれる病院も少なくない。ここ花里病院も例外ではなく、三年前は閉院寸前の崖っぷちにあったが、住民自らが友の会を立ち上げて募金を集め、再建にこぎつけた。無類の人情家で病院内外での人望も厚い院長の存在も大きい。通称〝青ひげ〟。髭が青いわけではない、髭そり跡が青々とする為についた仇名である。「出前医療」にも積極的で病人はもちろん元気な人にも声を掛ける。「医者は病気を診るのは当然だが、それ以上に病人を作らないことだ」が信条。
そこに、「神の手」と呼ばれる優秀な外科医の後輩が訪れる。医療ミスを訴えられて心が折れそうになったとき、青ひげに会いたくなったと。更に息子がやってきた。医師を志し、二年間の研修医を終えようとしている。小児科医を志望していた息子は、昨今の医療現場の様変わりで、進路に迷っていた・・・・・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/01/27 08:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/06 22:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大