演劇

『苦悩』マルグリット・デュラス作

パトリス・シェロー演出、ドミニク・ブラン主演

アンスティチュ・フランセ東京

シアターX(カイ)(東京都)

2011/02/21 (月) ~ 2011/02/22 (火) 公演終了

上演時間:

フランス政府公式機関の東京日仏学院は、2011年2月21日(月)と22日(火)の両日、劇場 東京・両国シアターXカイにて、マルグリット・デュラスの自伝的作品『苦悩』をフランス演劇界の鬼才、パトリス・シェローの演出で上演します。

本公演は、パトリス・シェローがティエリ・ティウ・ニアンと共に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/21 (月) ~ 2011/02/22 (火)
劇場 シアターX(カイ)
出演 ドミニク・ブラン
脚本 マルグリット・デュラス
演出 パトリス・シェロー、ティエリ・ティウ・ニアン
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/01/06
前売り・日仏会員・学生:2000 円、一般:3000 円
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/10472

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フランス政府公式機関の東京日仏学院は、2011年2月21日(月)と22日(火)の両日、劇場 東京・両国シアターXカイにて、マルグリット・デュラスの自伝的作品『苦悩』をフランス演劇界の鬼才、パトリス・シェローの演出で上演します。

本公演は、パトリス・シェローがティエリ・ティウ・ニアンと共に、彼の敬愛する女優ドミニク・ブランを演出。フランス映画(ゴダール、シャブロル、アイヴォリー作品などに出演)およびフランス演劇界(ヴィテーズ、ボンディ、シェロー演出作品)において最も重要な女優の一人、ドミニク・ブランは、セザール賞に4 回輝き、モリエール賞は『苦悩』での演技も含め、2 回受賞しています。

シンプルな舞台とドミニク・ブランの驚くべき存在感。その声、歩み、動作、沈黙、息づかいが、戦後の文学で最も苦しみに満ちた作品の一つであり、占領下に捕らわれの身となった夫を待ちあぐむマルグリット・デュラスのテクストが劇場内に響き渡ります。

1944 年にユダヤ人であったためにナチス・ドイツの捕虜となった夫をまちあぐむ 心情を綴った当時
のデュラスの日記(『戦争ノート』として河出書房新社より刊 行、田中倫郎訳)を草稿とした作品。1945 年4
月からはじまるこの作品は、戦争 が終盤に差し掛かかり、一つまた一つと強制収容所が解放されていく中、一向
に 消息の知れない夫の帰りを待ち続ける心情が語られる。夫の生存の証をもとめて 役所をめぐり、周囲の何気
ない励ましにも疲弊し、不安が精神を蝕み、やがて錯乱へと陥るデュラスの様子、戦争に振り回される個人と変
容する愛の形を生々しく描いている。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/01/24 15:03 by 東京日仏学院

[最終更新] 2011/08/02 07:55 by 東京日仏学院

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大