ライフ・イン・ザ・シアター

0 お気に入りチラシにする

水戸芸術館ACM劇場

水戸芸術館ACM劇場(茨城県)

2011/01/28 (金) ~ 2011/02/06 (日) 公演終了

休演日:月曜日〜木曜日

上演時間:

ブロードウェイの芝居や映画『アンタッチャブル』などで人気の作家、デイヴィッド・マメットの作品が水戸芸術館に初登場。

とある劇場を舞台に、二人の登場人物が織りなす「役者人生」のすべて。

ベテラン俳優のロバートは、ぱっとしない役者人生を送っている。
共演する若手のジョンは、ロバ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/28 (金) ~ 2011/02/06 (日)
劇場 水戸芸術館ACM劇場
出演 長谷川裕久、名波翔
脚本 デイヴィッド・マメット
演出 大澤遊
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,500円
【発売日】2010/12/04
(全席指定・税込)
前売 一般:2,500円/前売 学生:1,800円/当日 2,800円(一律)
サイト

http://www.arttowermito.or.jp/play/modules/tinyd0/index.php?id=45

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ブロードウェイの芝居や映画『アンタッチャブル』などで人気の作家、デイヴィッド・マメットの作品が水戸芸術館に初登場。

とある劇場を舞台に、二人の登場人物が織りなす「役者人生」のすべて。

ベテラン俳優のロバートは、ぱっとしない役者人生を送っている。
共演する若手のジョンは、ロバートのことを慕い、日常さまざまなアドバイスをもらっている。
やがて、ある芝居でジョンの演技が高く評価され、さらに映画出演も決まるなど、二人の間に微妙な距離が生まれてきて・・・・・・。

物語は、新進のスターが年老いていく地味な役者の面倒をみていくように変わる。劇場の中で生きてきたロバートの、悲哀にみちた人生が浮き彫りにされていく。
最後に、ロバートは誰もいない客席に向かい、心からの謝辞を述べ劇場から退場する。

一度やったら、やめられない。素晴らしき哉、役者人生
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 翻訳:小田島恒志
美術:松岡泉/照明:大野正光(あかり組)/音響:山本基之/衣裳: 岡部利佐子
舞台監督:佐藤保誠、久野伸二/舞台スタッフ:水戸芸術館舞台技術係/衣裳スタッフ:鯉沼言乃美
宣伝美術:菊池広子/宣伝写真:office Photo Style(佐川智伯)
芸術監督:松本小四郎/企画制作:水戸芸術館 ACM劇場

[情報提供] 2011/01/16 21:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/01/16 21:57 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大