演劇

tsumazuki no ishi + オフィスコトーネプロデュース公演

〜北赤羽サイボーグ事件〜

演劇

tsumazuki no ishi + オフィスコトーネプロデュース公演

カゲロウの黒犬 

〜北赤羽サイボーグ事件〜

オフィスコットーネ

ザ・スズナリ(東京都)

2011/02/23 (水) ~ 2011/03/02 (水) 公演終了

上演時間:

「祖母はサイボーグ」

わたしの父方の祖母は来年100歳。
5年ほど前より完全介護の施設に入っている。認知症がはじまってから。
そして5年間に、何度も小さな病をこじらせては肺炎などになり、その都度医者に「今夜が山だ」「今度ばかりはきっと。覚悟を」
などと言われ、身内はその都度祖母の死...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/23 (水) ~ 2011/03/02 (水)
劇場 ザ・スズナリ
出演 森下能幸、永野昌也、オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)、吉田麻起子(双数姉妹)、柿丸美智恵(劇団毛皮族)、高田恵篤、釈八子(tsumazukinoishi)、松原正隆(tsumazukinoishi)、日暮玩具(tsumazukinoishi)
脚本 スエヒロケイスケ
演出 寺十吾
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2011/01/15
全指定席 前売・当日共:4000円
★平日得ステ(24日と25日のみ) 前売・当日共 3500円
シードチケット(学生割引) 前売り・当日共2500円
※ シードチケットは tsumazuki no ishi/J-Stage Naviのみ取扱 枚数限定販売ベンチーシート
大学生以下の学生・専門学校・演劇養成所の学生に有効。当日受付にて学生証提示
サイト

http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/kagerou/gaiyou.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「祖母はサイボーグ」

わたしの父方の祖母は来年100歳。
5年ほど前より完全介護の施設に入っている。認知症がはじまってから。
そして5年間に、何度も小さな病をこじらせては肺炎などになり、その都度医者に「今夜が山だ」「今度ばかりはきっと。覚悟を」
などと言われ、身内はその都度祖母の死の受け入れ体勢に入った。
ところが何度も峠を乗り越えて、乗り越える度に祖母の躰は逆に元気で頑丈になっていった。
そしてそれに反比例するように認知症はひどくなった。
というより、脳を完全に初期化したようになり、古い記憶を捨て、
今現在の記憶だけで現実を再構築した別人格の祖母となり、日常生活も変化した。
寝たきりだったのが、峠を越えたよく朝にはひとりで車椅子を転がすようになった。
まるで死に向かっていた躰の細胞から脱皮して、古い記憶を脱ぎ、残りの身軽になった細胞が生きる方向に走り出したかのような。
身内は悪い言い方をすれば、祖母の死を諦めた。まだまだ生きる、先は長そうだと。
生きるといっても祖母としてではなく、以前は祖母であった誰かとして。

わたしは疑っている。これはただの自然現象ではないと。
きっと祖母の縮んだ脳と頭蓋骨の隙間に、生命から老化という「死」を、根本的に除去するなんらかの機械を埋め込まれたのだと。
そう、祖母は改造されたのだ。祖母はサイボーグだ。
これからも躰は生死を超越した次元へとたどり、祖母に関わる人々を異次元へ誘うよう、何者かによって改造されたに違いない・・・。
その他注意事項
スタッフ ◆プロデューサー:綿貫 凜

[情報提供] 2011/01/04 22:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/06 00:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大