演劇

演劇集団・東京ストーリーテラー2011年春公演

紅い華のデジャヴュー

東京ストーリーテラー

シアターKASSAI(東京都)

2011/03/10 (木) ~ 2011/03/21 (月) 公演終了

休演日:3月14日

上演時間:

都会での生活に疲れ、
死地を求めて旅に出た男がたどり着いたのは
南海の孤島だった。

青い海、白い砂浜、
絵に描いたような楽園の景色の中で、
男は錠剤の入った小ビンを取り出した。

「これを飲み干せば、全ては終わる…」

傍らに目を遣ると、
砂の上に一輪のハイビスカス、
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

2011年2月14日のお客様感謝イベントで、3月公演紅い華のデジャヴューの「予告編」をやってみました。素舞台、衣装も無しですが、雰囲気だけでもお伝えできたでしょうか。

公演詳細

期間 2011/03/10 (木) ~ 2011/03/21 (月)
劇場 シアターKASSAI
出演 佐藤仁志、宮坂あゆみ、藤澤太郎、山沖純
脚本 久間勝彦
演出 久間勝彦
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】2011/01/20
前売り¥3000
当日¥3500
サイト

http://www.tokyostoryteller.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 都会での生活に疲れ、
死地を求めて旅に出た男がたどり着いたのは
南海の孤島だった。

青い海、白い砂浜、
絵に描いたような楽園の景色の中で、
男は錠剤の入った小ビンを取り出した。

「これを飲み干せば、全ては終わる…」

傍らに目を遣ると、
砂の上に一輪のハイビスカス、
花を手に取った瞬間、
男の心は不思議な既視感に包まれた。

「ずつと昔、
こんな景色の中にいたような気がする、
何だか随分遠い昔に…」

人は何故地上に生を受け、
そして消えていくのか。

営々たる命の営みの中で、
千年の時空を超えて、
男のもとに届けられた
メッセージとは…。
その他注意事項 ★東京ストーリーテラー  090-4912-3354
★メールアドレス  tokyo-st@rhythm.ocn.ne.jp
スタッフ ★舞台監督 小林 祐介
★照明    榊原 大輔
★舞台美術 仁平 裕也
★衣装   加藤 祐子
★宣伝美術 佐瀬 勉

[情報提供] 2011/01/02 01:37 by chiroll

[最終更新] 2011/04/10 22:57 by chiroll

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー21

なかざわんこそば

なかざわんこそば(0)

紅の儀傑ヤリます。へへっ

イタチ屋

イタチ屋(13)

制作

当日運営です。受付でお待ちしています。。

ゆう

ゆう(0)

よろしくです

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大