演劇

熱海殺人事件 NEXT

〜くわえ煙草伝兵衛捜査日誌〜 

RUP

紀伊國屋ホール(東京都)

2011/02/04 (金) ~ 2011/02/14 (月) 公演終了

上演時間:

新春です!!つかです!!熱海です!!

 1973年に、文学座に書き下ろされ、発表された「熱海殺人事件」はつかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれる程になった。
東京に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/04 (金) ~ 2011/02/14 (月)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 山崎銀之丞 、長谷川京子、柳下大、武田義晴
脚本 つかこうへい
演出 岡村俊一
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2011/01/09
破格!2,500円
サイト

http://www.rup.co.jp/backnumber/atamisatsujin_next.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新春です!!つかです!!熱海です!!

 1973年に、文学座に書き下ろされ、発表された「熱海殺人事件」はつかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれる程になった。
東京に出て来たら、紀伊國屋でつかこうへいの熱海を見る!!当時の学生達のあこがれの演劇だった。
つかこうへい事務所解散後も、1986年に映画化、1989年の演劇活動再開時も、紀伊國屋ホールでの「熱海殺人事件」だけは、本人の手で上演されつづけてきた。
 タイトルを「売春捜査官」「モンテカルロイリュージョン」などと、変化しながらも「熱海殺人事件」は紀伊國屋ホールで上演され続けた。

2010年、つかこうへいは肺ガンで永遠の眠りについた。
演劇界の巨匠が宇宙に旅立った。

しかし、紀伊國屋の「熱海殺人事件」は終わらない。
2011年の幕開けとともに、“紀伊國屋つかこうへい復活祭”と銘打ち、まず原点に立ち戻った「熱海殺人事件」の上演を目指す。

 おなじみ木村伝兵衛部長刑事に、「熱海殺人事件」はもちろん「銀ちゃんが逝く」等で主演を努めた、山崎銀之丞。
 婦人警官片桐ハナ子に、TV ドラマCM 等での活躍は言うまでもないが、この作品で、本格的舞台へ初挑戦の、長谷川京子。
 犯人大山金太郎に、D-BOYS のエース、柳下 大。
 刑事熊田留吉は、現役北区つかこうへい劇団最古参、武田義晴が演じる。

 来年以降は、キャスト、スタッフも変貌を遂げながら上演し続ける予定である。
また、「チケット代は安くなくてはならない」という故人の遺志に従い、紀伊國屋ホールの公演としては、破格のチケット代金2,500円で上演する。

「熱海殺人事件」は生き続ける。
その他注意事項
スタッフ 音響:山本能久
照明:松林克明
音楽:からさきしょういち
映像:ムーチョ村松
衣裳:山下和美
舞台監督:尾崎 裕
イラスト:和田 誠
宣伝美術:榎本太郎
宣伝:河口祐子(U+)
制作:藤井佳
プロデューサー:菅野重郎/島袋 潤

[情報提供] 2011/01/01 12:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/03/25 22:13 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大