演劇

桜美林大学パフォーミングアーツプログラム‹OPAP›vol.44

『説教強盗』

0 お気に入りチラシにする

演劇

桜美林大学パフォーミングアーツプログラム‹OPAP›vol.44

『説教強盗』

桜美林大学パフォーミングアーツプログラム‹OPAP›vol.44『説教強盗』

PRUNUS HALL(桜美林大学内)(神奈川県)

2011/01/23 (日) ~ 2011/01/29 (土) 公演終了

上演時間:

『説教強盗』は、『胸騒ぎの放課後』などの脚本を書いた、金杉忠男さんの作品です。当時世間を騒がせた、実在した人物 妻木松吉 をモデルに描かれました
説教強盗が世間を賑わせたのは、大正末期から昭和の初め。その後戦争を刑務所内で過ごし、町に戦争の傷跡がなくなった頃に出所し、模範的な市民となっていた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/23 (日) ~ 2011/01/29 (土)
劇場 PRUNUS HALL(桜美林大学内)
出演 野島昭平、吉原真理、石田美生、向後ひろ美、近藤愛弥、桒田聡美、上田祐揮、亀尾建史、髙麗芙美子、児玉華奈、重田美咲、関野れみ、三宅麻由、植田崇幸、渡邊友幹、横地梢、西川翔太、秋山侑紀、安恵晶、川崎ゆり子、清川果林、佐藤瑞季
脚本 金杉忠男
演出 金英秀(キムヨンス)
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,200円
【発売日】2010/12/20
前売り 一般1200円
     学生1000円
     高校生以下700円
     リピーター500円
当日券=200円増し
サイト

http://www8.obirin.ac.jp/opai/opap_item.php?no=72

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『説教強盗』は、『胸騒ぎの放課後』などの脚本を書いた、金杉忠男さんの作品です。当時世間を騒がせた、実在した人物 妻木松吉 をモデルに描かれました
説教強盗が世間を賑わせたのは、大正末期から昭和の初め。その後戦争を刑務所内で過ごし、町に戦争の傷跡がなくなった頃に出所し、模範的な市民となっていた説教強盗が再び事件を起こします。娼婦光枝とその娘の光枝、二人の光枝を中心に男と女の欲望が入り混じった人情劇。説教強盗と光枝の関係は・・・?
ハイテンションでちょっぴり"どぎつい”ストーリーになっていますが、その中にも観客に伝えたい事柄、戦争の悲惨さなども訴えており、深い部分がつまっている作品になっています。
その他注意事項 アフタートークを予定
ゲスト

大崎由利子さん
(作者 金杉忠男さんの奥様/女優)
坂口芳貞さん
(桜美林大学名誉教授/文学座)
スタッフ 演出補佐 横田修(桜美林大学総合文化学郡専任助手/タテヨコ企画)

舞台監督 中前夏来

舞台監督アドバイザー 田中信幸

舞台美術 谷佳那香

音響 中村光彩

照明 谷篤寿

衣装 天神綾子

衣装アドバイザー 大野典子

小道具 石川大智

殺陣指導 渥美博

演出助手 菅原和恵

宣伝美術 新井星来

制作 吉岡英里奈 

[情報提供] 2010/12/24 18:27 by 金OPAP

[最終更新] 2011/01/25 12:59 by 金OPAP

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大