京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土) 公演終了

上演時間:

小説家、劇作家、映画作家等、多様な創作活動で知られるマルグリット・デュラスは、私生活の上では、特に第二次大戦中に、大きな苦悩を体験しています。すなわち、夫のロベール・アンテルムが、ユダヤ人であったために、強制収容所送りになり、危うく帰らざる人となるところでした。
『苦悩』は、デュラスの「戦争...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 ドミニク・ブラン
脚本 マルグリット・デュラス
演出 パトリス・シェロー、ティエリ・ティウ・ニアン
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2010/12/07
【全席自由/整理番号順入場】
一般     3500円
シニア    3200円
学生&ユース 2000円
※開演15分前から整理番号順にてご入場頂きます
※未就学児のご入場はご遠慮ください
※ユースは25歳以下、シニアは60歳以上
※シニア、学生&ユース席は身分証明書提示必用
サイト

http://www.k-pac.org/performance/20110219.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 小説家、劇作家、映画作家等、多様な創作活動で知られるマルグリット・デュラスは、私生活の上では、特に第二次大戦中に、大きな苦悩を体験しています。すなわち、夫のロベール・アンテルムが、ユダヤ人であったために、強制収容所送りになり、危うく帰らざる人となるところでした。
『苦悩』は、デュラスの「戦争日記」とも言える苦悩と絶望と希望の錯綜するテクストであり、1945年春のフランス解放時にも、なお夫の生死が分からないという状況で書かれています。
二十世紀後半に、言葉の演劇とオペラの舞台で、世界的評価を得た演出家パトリス・シェローと、近年彼のよき協力者として知られるティエリ・ティウ・ニアンの二人が、共に敬愛する女優ドミニク・ブランの一人芝居として、デュラスの作品の中でも最も激しく深いこのテクストを、舞台に息づく作品に仕上げ、近年にない傑出した作品だと絶賛されています。
この三人が肉体化したデュラスのテクストの、沈黙、息、叫びは、従来のデュラス像を大きく変えることにもなるでしょう。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/12/20 17:32 by 舞台芸術研究センター

[最終更新] 2010/12/20 17:34 by 舞台芸術研究センター

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大