演劇

アンスティチュ・フランセ東京

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

他劇場あり:

2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土) 公演終了

上演時間:

フランスの国民的名女優、静岡へ
――ドミニク・ブランの一人芝居
『苦悩』は、フランスの国民的名女優ドミニク・ブランの一人芝居です。フランスでは知名度・実力ともに最も優れた女優の一人として知られ、数々の名作映画で活躍した後、2008年ヴェネツィア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し、国際...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/19 (土) ~ 2011/02/19 (土)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 ドミニク・ブラン
脚本 マルグリット・デュラス
演出 パトリス・シェロー
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/10472

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フランスの国民的名女優、静岡へ
――ドミニク・ブランの一人芝居
『苦悩』は、フランスの国民的名女優ドミニク・ブランの一人芝居です。フランスでは知名度・実力ともに最も優れた女優の一人として知られ、数々の名作映画で活躍した後、2008年ヴェネツィア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し、国際的にもその類い稀な演技力にますます注目が集まっています。そのブランが自ら「静岡で!」と希望し、本公演が実現しました。ブランは本作の演技により2010年モリエール最優秀女優賞を受賞しています。


女流作家マルグリット・デュラスの<戦争の記憶>
『苦悩』は、フランスの作家マルグリット・デュラスの戦時中の日記をもとに構成された作品です。ドミニク・ブラン演じるデュラスはナチスにより強制収容所に送られた夫の帰りを待ち続けます。本作は、そんな一人の女性を通して、戦争によって深い苦悩へ追い込まれる人間の姿を浮き彫りにしています。もはや殺されてしまったかも分からない夫の帰りを待つという残酷な状況の中、精神錯乱に陥るほどの困難な心境を繊細に演じ切るブランの演技力は必見です。
その他注意事項 ※フランス語上映/日本語字幕つき。
スタッフ

[情報提供] 2010/12/01 12:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/09 21:17 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大