Sizwe Banzi is Dead

0 お気に入りチラシにする

Hauptbahnhof

HAVANA Cafe(東京都)

2011/01/23 (日) ~ 2011/01/23 (日) 公演終了

上演時間:

「シズウィ・バンジーは死んだ」(原題:Sizwe Banzi Is Dead)は1972年10月8日に南アフリカのケープタウンで初演された演劇作品です。
シズウィ・バンジーはこの作品の登場人物の名前で、南アで使われているコーサ語で「大きな国」という意味があります。
当時の南アフリカはアパル...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/23 (日) ~ 2011/01/23 (日)
劇場 HAVANA Cafe
出演 坂本七秋、安野敦洋
脚本 アーソル・フガード
演出 金田一央紀
料金(1枚あたり) 2,500円 ~
【発売日】2010/12/24
ワンドリンク付き
サイト

http://twitter.com/hauptbahnhof1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「シズウィ・バンジーは死んだ」(原題:Sizwe Banzi Is Dead)は1972年10月8日に南アフリカのケープタウンで初演された演劇作品です。
シズウィ・バンジーはこの作品の登場人物の名前で、南アで使われているコーサ語で「大きな国」という意味があります。
当時の南アフリカはアパルトヘイト政策によって、黒人差別がまかり通っていました。そういう状況を痛烈に風刺して作られた黒人による二人芝居で、当時は上演中に警察が妨害に入ったりと、芝居をするにも命がけでした。
1994年にネルソン・マンデラが南アの大統領になって、ようやくアパルトヘイトの時代は幕を閉じ、最近ではサッカーのワールドカップが開かれたりしていますが、まだまだ安全な国ではありません。

そういう南アフリカの舞台作品ですので、南アフリカの知識があれば楽しめるかもしれません。けれど知らなくても、この作品の持っているものを楽しめるかと思います。
なぜなら、上演する場所は日本の小さなカフェですし、日本語で上演、演じる役者も、演出家も日本人です。
この作品はアパルトヘイトという特別な状況下を題材にしていますが、この物語には国も、時代も超えて、現代の私達が感じている普遍的な人間の感情がこめられています。
南アフリカの事を博物館に行くような気持ちで知りたいなら、良い映画が他にもたくさんありますし、そっちを観た方が面白いでしょう。博物館では分からない事を演劇で感じる、というのが今回のお芝居です。
僕らには「この作品が作り出すグルーヴを感じたい」という思いがあります。ぜひ観に来てください。お客さんがいないとグルーヴが起こらないのです。
その他注意事項 公演チケットには1ドリンクが付いています。
上演中飲食可能
スタッフ 【制作】氏家綾子、【宣伝美術】中田舞子、【音響】清水千年、【舞台】和田真生

[情報提供] 2010/12/09 10:24 by Hauptbahnhof

[最終更新] 2011/01/29 12:10 by Hauptbahnhof

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

Hauptbahnhof

Hauptbahnhof(0)

演出します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大