演劇

現代劇センター真夏座第119回公演

怪盗ジゴマ

0 お気に入りチラシにする

演劇

現代劇センター真夏座第119回公演

怪盗ジゴマ

現代劇センター真夏座

文京シビックホール(東京都)

2010/11/25 (木) ~ 2010/11/28 (日) 公演終了

上演時間:

●ものがたり

 大正3年の東京。巷ではフランスの悪漢映画「怪盗ジゴマ」が大ヒット。これに乗じて、「ジゴマ」をかたる盗人が横行していました。中でも義賊として人々の人気を集めていたのが「ジゴマの次郎吉」。
 この「ジゴマの次郎吉」こと川島弥太郎が、ばったり出会った女スリお龍と関わることにな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/25 (木) ~ 2010/11/28 (日)
劇場 文京シビックホール
出演 羽藤雄次、河野智香、篠塚直弘、当山三二郎、山田ひろえ、佐野陽子、ほか
脚本 池田一臣
演出 池田一臣
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
全席指定3500円
サイト

http://www.manatsuza.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ●ものがたり

 大正3年の東京。巷ではフランスの悪漢映画「怪盗ジゴマ」が大ヒット。これに乗じて、「ジゴマ」をかたる盗人が横行していました。中でも義賊として人々の人気を集めていたのが「ジゴマの次郎吉」。
 この「ジゴマの次郎吉」こと川島弥太郎が、ばったり出会った女スリお龍と関わることになります。次第に惹かれあう二人。しかし、「ジゴマの次郎吉」の陰に見え隠れする権力者の思惑から、弥太郎の身には危険が迫りつつありました。
 一方、お龍が暮らす長屋の人々の間では、日ごろの鬱憤を晴らすちょっと危ない計画が持ち上がります。何も盗まぬ奇妙な義賊「ジゴマ団」の結成です。やがて、「ジゴマ団」は世間の注目を浴びるようになり……。
 折りしも時代は険悪な様相を示してゆきます。弥太郎は何を夢見て「ジゴマの次郎吉」に身をやつしたのか、そして長屋の人々が熱狂した密やかな遊びの行く先は?
 ヨーロッパでは、まさに、第一次大戦が始まろうとしていました。


●上演にあたって

 今回は、1992年に初演し好評を得た、池田一臣の書下ろし「怪盗ジゴマ」を上演します。
 大正の初めは、大正デモクラシーの自由な空気が芽生え始める一方で、日本が大陸に進出しようとしていた頃でもあります。時代の大きなうねりの中で、一般庶民はどう生きたか……。おそらくは現代の庶民と同じように、その日その日の出来事に一喜一憂していたでしょう。庶民とは関係のないところで作られていく「時代」という代物。果たして、彼らの暮らしにとって政治とはなんであったのかを、今一度考えてみたいと思います。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/11/27 23:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/28 02:47 by 長寿郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大