演劇

劇団民藝

三越劇場(東京都)

2010/12/03 (金) ~ 2010/12/20 (月) 公演終了

上演時間:

九城間弓は、昭和五、六年の大恐慌により、機械会社の要職を辞して妻の扶可子とともに上京、本郷で学生相手の下宿屋「四丁目ハウス」をはじめました。ところが、エリート官僚の弟が財閥令嬢との縁談をまとめるために兄夫婦に下宿屋の廃業を迫ります。加えて大学は出たけれど職のない扶可子の弟・道樹や下宿屋に出入り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/12/03 (金) ~ 2010/12/20 (月)
劇場 三越劇場
出演 梅野泰靖、奈良岡朋子、竹内照夫、小杉勇二、河野しずか、樫山文枝、塩田泰久、平松敬綱、有安多佳子、大越弥生、日色ともゑ、伊東理昭
脚本 小山祐士
演出 高橋清祐
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 6,300円
【発売日】2010/11/01
(全席指定・消費税込)
一般 6,300円
学生 4,200円
サイト

http://www.gekidanmingei.co.jp/2010junigatu.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 九城間弓は、昭和五、六年の大恐慌により、機械会社の要職を辞して妻の扶可子とともに上京、本郷で学生相手の下宿屋「四丁目ハウス」をはじめました。ところが、エリート官僚の弟が財閥令嬢との縁談をまとめるために兄夫婦に下宿屋の廃業を迫ります。加えて大学は出たけれど職のない扶可子の弟・道樹や下宿屋に出入りする朽木夫人、女中がひそかに思いを寄せる恋模様と、移り行く季節の中に生きる人びとは十二月を迎えようとしているのでした…。
その他注意事項 ※一部ダブルキャスト。
スタッフ 装置……勝野英雄
照明……尾藤俊治
衣装……貝沼正一
効果……岩田直行
舞台監督……中島裕一郎

[情報提供] 2010/11/25 23:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/12/13 20:55 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大