真心一座 身も心も

りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)(新潟県)

他劇場あり:

2011/02/26 (土) ~ 2011/02/27 (日) 公演終了

上演時間:

放浪の姉妹、根上たつこと根上かつこ。
 姉たつこの傷害事件の身代わりで服役していた妹かつこ。
 北の刑務所で心優しい看守谷村寛と元ヤクザの保護観察司末次優二に出会う。出所したかつこは、かつて自分を陵辱した男 歌川英明(初代ゲストレイパー)に再会し、すさんでいた彼の心に愛情をみつけて別れる。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/26 (土) ~ 2011/02/27 (日)
劇場 りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)
出演 古田新太、池田成志、千葉雅子、村岡希美、坂田聡、河原雅彦、小林顕作、政岡泰志、伊達暁、信川清順
脚本 千葉雅子
演出 河原雅彦
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://mimokoko.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 放浪の姉妹、根上たつこと根上かつこ。
 姉たつこの傷害事件の身代わりで服役していた妹かつこ。
 北の刑務所で心優しい看守谷村寛と元ヤクザの保護観察司末次優二に出会う。出所したかつこは、かつて自分を陵辱した男 歌川英明(初代ゲストレイパー)に再会し、すさんでいた彼の心に愛情をみつけて別れる。そして新大久保の診療所で消息不明の姉を思いながら暮らす。
 谷村はかつこのために、たつこを捜しに沖縄へ向かう。
沖縄では、闘牛舎に身を寄せたたつこがもぐりの獣医師五十嵐成道(初代ゲストラバー)に心惹かれるも、谷村の出現で大立ち回りをする羽目に。五十嵐のはからいで再会する姉妹。定住者としての人並みの生活が待っているかと思いきや、二人の宿命は背中合わせに旅立つことだった。(以上第一章)

 旅回り一座に加わって、姉を捜すかつこ。哀しい過去ゆえ不能に陥った座長松島力哉(二代目ゲストレイパー)に陵辱され、また自分を追ってきた谷村が一座の女優と仲睦まじくしているのを見てしまい、一座を離れる決意をする。
 たつこは北海道の警察で出会った気弱なサラリーマン岩崎雄三(二代目ゲストラバー)と、ひょんなことから島根の境港で数日ともに過ごすことになる。心かよわす二人だったが、岩崎の好意に素直に答えられないたつこ。
 やがて、境港の路地で運命の再会を果たす姉妹。母からの手紙を受け取っていたかつこは、たつことともに手紙の住所飛田新地へと旅立とうとする。そこへ末次優二が現れ、二人の後ろ暗い過去をあばく。二人は十代の頃、虐待の母の首を絞めて山林に埋めた秘密を持っていたのだった。(以上第二章)

 殺したはずの母が生きていた!?真相を確かめようと、大阪へ向かうたつことかつこ。大阪目前の車内で鞄をひったくられてしまい、激しく動揺したたつこは窃盗のあとを追い、姉妹は早くもバラバラに。かつこは天王寺動物園前で姉を探していると、たつこの鞄を持った牧場主の男・鳥塚幸也(三代目ゲストレイパー)と出会い、和歌山の牧場までついていく。牛の出産を手伝い、溶け込むかつこの目前に突然、母澄江(ゲストマザー)があらわれ奇跡の再会を果たす。かつこに好意を寄せる鳥塚が一緒に暮らそうと告白し、安住の地を手に入れたかに見えたが、鳥塚の過去のトラウマを母が刺激したため、かつこは陵辱され幸也は焼身自殺を遂げる。
 一方鞄を必死に探すたつこは窃盗団一味に成り下がっていた谷村の導きで、アジトに踏み込む。若きボスの男・美浜慎也(三代目ゲストラバー)に見込まれたたつこは、鞄をエサに振り回されながらも心を通わす。
 それぞれ悲喜こもごもの日々を過ごし、やっと連絡のとれたかつことたつこは、幼い二人が過ごした小名浜で会おうと温泉ランドへ向かう。
 鞄を手にしたたつこの目前に澄江も現れ、過去の因縁が爆発した二人は一騎打ち。母の息の根を止めようとした寸前、かつこが鞄に隠されていた思い出の赤べこをとりだし、優しかった母の唯一の記憶を語り出す。ひるむたつこだったが、澄江の記憶に嘘をみつけ、たつこが澄江の偽物と見破る。何者かによって遣わされた偽母は消える。
一部始終を見届けた慎也が風のように去って、再びあてどもない旅に出た姉妹。
 たつこの鞄に入っていた謎の手紙を手にした谷村が、刑務所の所長に刺され、末次が手紙を奪う。倒れ込む谷村に不敵な微笑みをもらす末次。偽物の母の一件も末次の仕業なのか?姉妹の背後に大きな闇がせまるのだった・・・。(以上第三章)
その他注意事項 ※未就学児童はご入場をお断りしております。
スタッフ 美術:片平圭衣子 照明:倉本泰史 音響:大木裕介 
衣裳:木村猛志 映像:ムーチョ村松 殺陣指導:清水大輔 
ヘアメイク:武井優子 小道具:清水克晋
舞台監督:津江健太+至福団
宣伝美術:CoaGraphics 宣伝写真:引地信彦 宣伝ヘアメイク:大宝みゆき
WEB製作:今城加奈子 MONOLITH 広報:吉田プロモーション
制作:佐々木康志 重田知子 
ラインプロデューサー:牛山晃一 プロデューサー:伊藤達哉
企画:真心一座身も心も 製作:ゴーチ・ブラザーズ

[情報提供] 2010/11/18 08:31 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/30 17:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大