演劇

ぶんげい マスターピース工房vol.3 『シェイクスピア・コンペ』参加作品

演劇

ぶんげい マスターピース工房vol.3 『シェイクスピア・コンペ』参加作品

メメント・モリ

アンサンブル・レゾナンス

京都府立文化芸術会館(京都府)

2010/11/20 (土) ~ 2010/11/21 (日) 公演終了

上演時間:

 シェイクスピアの作品に登場する多くの「死」。その事象を、我々人間が有限の生を生きる以上決して逃れることのできない、普遍の、そして永遠の命題として捉え、舞台上に再構築する。「シェイクスピア」で連想される劇とは、その多くが台詞を「聴くもの」であると思う。その「聴くもの」であるシェイクスピアを「見...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/20 (土) ~ 2010/11/21 (日)
劇場 京都府立文化芸術会館
出演 石塚あつこ、磯瑚子、沢のえみ、福原まゆみ、みさお、チャールズ・レント、ジェイソン・ハンコック(声の出演)
脚本 藤原留香
演出 藤原留香
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】
1日券(前売)2,500円/1日券(当日)3,000円
2日券 4,000円(前売のみ・会館のみ取扱)
※いずれも日時指定・自由席。
※2日券は、20日・21日の内1日、22日・23日の内1日を指定の上ご購入頂きます。
サイト

http://www.bungei.jp/masterpiece/shak_work_B.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  シェイクスピアの作品に登場する多くの「死」。その事象を、我々人間が有限の生を生きる以上決して逃れることのできない、普遍の、そして永遠の命題として捉え、舞台上に再構築する。「シェイクスピア」で連想される劇とは、その多くが台詞を「聴くもの」であると思う。その「聴くもの」であるシェイクスピアを「見るもの」として上演してみたらどうなるか。すなわち、極限まで台詞を削ったところで、なお雄弁に語るものを探してみたいと思う。「死」と「生」という作品の要素を理屈によらず本能的な側面から見た場合、より本質的なものになると考えている。劇を分類する既存の枠に留まらず、観客がこれまで目にすることのなかった、新しいスタイルの実験的な舞台を呈示したい。
その他注意事項
スタッフ 振付:沢のえみ
琵琶演奏:友吉鶴心 / 照明:東京舞台照明 / 音響:勝見淳一 / 舞台監督:徳永泰子

[情報提供] 2010/11/14 10:23 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/14 10:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大