演劇

番外公演 corich春の舞台芸術祭2011 一次選考通過作品

サザンカの見える窓のある部屋

デザイン:松浦奈未

0 お気に入りチラシにする

演劇

番外公演 corich春の舞台芸術祭2011 一次選考通過作品

サザンカの見える窓のある部屋

カムヰヤッセン

小劇場 楽園(東京都)

2011/03/03 (木) ~ 2011/03/06 (日) 公演終了

上演時間:

「そこはどういう部屋なのかを想像してみる」

ビールの缶には煙草の吸殻が詰まっていて、
鼻をかんだ後のちり紙が散乱している。
加湿器とかあってもいい。
隣にはもしかしたらビックリするくらい
背の高いマンションとかがあって
そこは一日中陽が当たらないかもしれない。

縁側の向こ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/03 (木) ~ 2011/03/06 (日)
劇場 小劇場 楽園
出演 甘粕阿紗子、金沢啓太、遠藤友香理、小島明之、北川大輔
脚本 北川大輔
演出 北川大輔
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,800円
【発売日】2011/02/03
【一般】
前売・・・2500円
当日・・・2800円
初日割引・・・2300円

【学生】
前売・・・2300円
当日・・・2500円

※学生の方は当日受付で学生証を拝見させていただきます。
※学生の方は初日割引がございません。ご了承ください。
サイト

http://kamuyyassen.daa.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「そこはどういう部屋なのかを想像してみる」

ビールの缶には煙草の吸殻が詰まっていて、
鼻をかんだ後のちり紙が散乱している。
加湿器とかあってもいい。
隣にはもしかしたらビックリするくらい
背の高いマンションとかがあって
そこは一日中陽が当たらないかもしれない。

縁側の向こうには
もうすっかり背丈の縮んでしまった
サザンカの木が
植わっていることにする。
ぼたぼたと、何房も
地面に落ちてしまっていて、
時間が経ったからか、
ところどころ茶色に変色している。

冬から春になる時、ってのは
いっぱいのものが生まれるそばで、
いっぱいのものがダメになっていく気がします。
今回はそんな話になれば、と思っています。

あ、あと初めての劇団員のみの公演です。
改めまして、カムヰヤッセンです。
劇場でお待ちしております。

脚本・演出・今回は出ます

北川大輔


【物販のお知らせ】
会場にて前回公演「やわらかいヒビ」のDVD、過去公演の台本、当公演オリジナルのマッチなどを販売しております。ご観劇の記念に是非お買い求めください。

(3/4 追記)
チラシの表記に誤りがありました。
受付開始時刻を「開演の60分前」としておりましたが、正しくは「開演の45分前」です。
ここに訂正してお詫び申し上げます。ご来場の際はご注意ください。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督・美術】 平山正太郎
【照明】        小寺俊弘
【音響】        伊坂共史
【宣伝美術】     松浦奈未
【スチール】     原絵里子
【演出助手】     伊坂共史
【制作】        甘粕阿紗子 茅田博文
【企画・製作】    カムヰヤッセン

[情報提供] 2010/11/11 02:52 by コロ助

[最終更新] 2012/10/17 21:47 by 北川

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

ちがや

ちがや(0)

よろしくお願いします。

甘粕阿紗子

甘粕阿紗子(0)

よろしくお願いします

イサカトモフミ

イサカトモフミ(0)

演出助手&音響です。

このページのQRコードです。

拡大