舞踊・バレエ

―KYOTO EXPERIMENT―

-ダンスの臨界/語りの臨界-

マルグリット・デュラス作『アガタ』

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

―KYOTO EXPERIMENT―

マルグリット・デュラス作『アガタ』

-ダンスの臨界/語りの臨界-

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2010/11/20 (土) ~ 2010/11/21 (日) 公演終了

上演時間:

マルグリット・デュラスの戯曲『アガタ』を、過去に二度演出し、その都度、新しい舞台成果を収めてきた渡邊守章が、今回は二人のダンサーの身体によって、兄と妹のあいだの「禁じられた恋」の「語り」を、どのように生き返らせるか。振付家としてもダンサーとしても、少年期の花を「真の花」へと変容させる類まれな身...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/20 (土) ~ 2010/11/21 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 渡邊守章、白井剛、寺田みさこ
演出 渡邊守章
振付 白井剛、寺田みさこ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/09/13
全席自由 好評発売中!★21日(日)14:00の回は託児サービスあり
一般      3500円(当日500円増し)
学生&ユース 3000円
高校生以下  1000円
京都芸術劇場友の会 3200円
瓜生山学園生 2000円
※学生&ユースは、要証明書提示。ユースは25歳以下。
※友の会・瓜生山学園生は、京都芸術劇場チケットセンターのみにて取り扱い。

サイト

http://www.k-pac.org/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 マルグリット・デュラスの戯曲『アガタ』を、過去に二度演出し、その都度、新しい舞台成果を収めてきた渡邊守章が、今回は二人のダンサーの身体によって、兄と妹のあいだの「禁じられた恋」の「語り」を、どのように生き返らせるか。振付家としてもダンサーとしても、少年期の花を「真の花」へと変容させる類まれな身体として注目してきた白井剛と、アカデミック・ダンスの優美とコンテンポラリー・ダンスの狂気とを、二つながらに生きる舞台によって、見る者を惹きつけてやまない寺田みさこ。演出家が「語り」を受けもち、この二人のダンサーと行う初めてのコラボレーション。どのような第三の『アガタ』が、春秋座舞台の上に花開くか。一年がかりの探究である。
渡邊守章(訳・構成・選曲・演出)

ダンサーの身体によって、兄と妹のあいだの
「禁じられた恋」の「語り」を、どのように生き返らせるか…。
京都芸術劇場春秋座でぜひご覧ください。
その他注意事項 ■ポストパフォーマンストーク開催決定 !
公演日時関係なく、公演チケットをご購入いただいた方がご覧いただけます。

◎11月20日(土)14時公演終了後
清水徹(仏文学者、明治学院大学名誉教授/M・デュラス『愛人』翻訳者)
渡邊守章

◎11月21日(日)14時公演終了後
浅田彰(哲学者、批評家/京都造形芸術大学大学院長)
渡邊守章、白井剛、寺田みさこ

★ 託児サービス有り
11月21日(日)14:00の回は、託児サービスがご利用いただけます。
(有料:2,000円、要事前予約)
予約お申込みの締め切りは、公演日の7日前となります。
*託児サービスの予約・お問い合せ
KYOTO EXPERIMENT事務局 075-213-5839(11:00-20:00)
スタッフ 訳・構成・選曲・演出・朗読/渡邊守章

[情報提供] 2010/11/04 11:48 by 舞台芸術研究センター

[最終更新] 2010/11/04 11:58 by 舞台芸術研究センター

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大